高田松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
震災被害を受ける前の高田松原(2007年6月3日撮影)
震災前の高田松原と陸前高田市中心部周辺の空中写真。1977年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

高田松原(たかたまつばら)は、岩手県陸前高田市気仙町太平洋岸にある松原である。以下、本項において「松原」と略記する。

かつては約7万本が2キロメートルの砂浜に茂っていたが、東日本大震災(2011年)による津波奇跡の一本松を残して倒壊した。その後、植樹による再生が4万本を目指して進められ[1]、2021年5月18日に完了した[2]。このうち600本は、震災前年にクリスマスの飾り物用に地元の女性が高田松原で拾い集めて保管していた松ぼっくり森林総合研究所材木育種センター東北育種場に寄託し、その種から育てた苗木が使われた[3]

歴史[編集]

松原は江戸時代1667年寛文7年)から1673年延宝元年)にかけて、山際の高田・気仙川沿いの今泉両地区の防災のために[4]高田の豪商・菅野杢之助によって植栽され、仙台藩と住民の協力によって6,200本のクロマツが植えられた。しかし半数が枯れてしまったため、さらに18,000本のクロマツを補植[5]。その後、享保年間(1716年 - 1736年)には松坂新右衛門による増林が行われ、その後も陸前高田に住む人たちによって植えられた、クロマツとアカマツからなる合計7万本もの松林は、仙台藩・岩手県を代表する防潮林となり、景勝の一つであった。その白砂青松の景観は世に広く評価されていた。石川啄木金田一京助は、盛岡中学(現・岩手県立盛岡第一高等学校)時代に行った徒歩による遠足の終点として当地を選んだ。

国の名勝や陸中海岸国立公園(現・三陸復興国立公園)に地域指定され、様々な環境評価・施設評価の選定地となり、2009年平成21年)には104万人の観光客が訪れるなど観光地としても賑わっていた[6]。また高田松原海水浴場は、ウィンドサーフィンやヨット、ボートなどマリンスポーツも盛んな場所であった[7]

評価[編集]

東日本大震災による被災[編集]

震災の津波に耐えて残ったことで奇跡の一本松として復興のシンボルになった1本の松。背後に見えるのは被災した陸前高田ユースホステルの建物(2011年5月6日撮影)。
震災後の2011年5月14日、気仙川の対岸から高田松原跡地を撮影。画面中央に「奇跡の一本松」が見える。

松原の防潮林は津波にたびたび見舞われてきた。近代以降で代表的なものとしては、1896年明治29年)6月15日明治三陸津波1933年昭和8年)3月3日昭和三陸津波1960年(昭和35年)5月24日チリ地震津波がある。これらの津波のたびに、松原は防潮林として市街地への被害を防いできた。

しかし、2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、10メートルを超える大津波に呑み込まれ、ほぼ全ての松がなぎ倒され壊滅した[6][10]。また砂浜も津波や地盤沈下で9割が失われた[11]

一方、文化庁は「地形が残っている」として名勝の指定を継続している[12]

海岸災害復旧工事・砂浜再生事業[編集]

2013年3月から大船渡土木センターによる[13]海岸災害復旧工事が始まった。防潮堤として広田湾側に第一線堤(延長1,903メートル、高さ海抜3メートル、震災前:高さ海抜3メートル)、古川沼側に第二線堤(延長2,023メートル、高さ海抜12.5メートル、震災前:高さ海抜5.5メートル)[14]が建設された。浜田川河口には水門が新たに建設され、津波で被害を受けた人工リーフも1,200メートルに渡って復旧された。2016年12月をもって完成[15]

海岸砂浜再生事業も2016年から始まった。松原の砂浜は気仙川から流れてきた土砂が堆積してできたものだが、自然の堆積による回復を待つと数百年かかると推定されたためである。砂浜は1,750メートルにわたって再生する計画となり、2015年に試験的に200メートルが施工され、2017年にさらに800メートル延長、2019年に完了した。

2021年にはシャワー室やトイレなど付帯設備の整備を実施[16]、同年4月に砂浜を一般開放し、7月17日に海開きを実施[11][17]。震災以来11年ぶりの海開きとなった。

高田松原再生工事・植樹[編集]

海岸災害復旧工事、海岸砂浜再生事業の他に、第一線堤と第二線堤の間に松を植樹して松原を復元する計画が立てられた。それに先立って、大船渡農林振興センター所管部分による松の生育に適した地盤を整備する工事が行われた[13]。内容としては、延長約1.9キロメートル、一番広いところで幅約100メートルの区域に土砂を運搬して敷均する盛土工事、管理路の整備、雨水を排水する側溝の整備、苗木を強風から防ぐための柵の設置工事といったものである[13]

以上の工事が終わった上で苗木の植栽が行われた。約9ヘクタールの敷地[18]に県とNPO法人「高田松原を守る会」を主体としたボランティア(それぞれ3万本、1万本)と共同[19]で海側にクロマツ、陸側にアカマツを植えた[13]。一般財団法人ベターリビングがこのプロジェクトに関し、ボランティアが植樹する苗木の育成・提供を行った[20]。これらに加え、前述の松ぼっくりから育てた苗や『奇跡の一本松』から接ぎ木した苗も植えられている。

  • ボランティアによる植樹の経緯
    • 2017年 - 約3,000本が植樹。
    • 2018年 - 約3,500本が植樹。
    • 2019年 - 約2,100本を植樹。
    • 2020年 - 新型コロナウイルスの影響で中止。
    • 2021年5月18日をもって10,000本の植樹を達成。

松原が震災前と同じ光景に戻るまでには、約50年の歳月がかかると見込まれている[13]

奇跡の一本松[編集]

東日本大震災の際、約7万本あった中で奇跡的に1本の松が倒れずに残り[10]、この松は震災直後から復興のシンボルと捉えられ、「奇跡の一本松」「希望の松」「ど根性松」などと通称されるようになった[21][22]

しかし、この松の周囲の土壌は大地震による地盤沈下で海水がしみ込み塩分過多の状態になったため、同年4月末の時点では健康だったものの、徐々に生育状態が悪化していった[23]。新葉が出ず、葉の褐色化が進んだことから、5月20日には根元に活性剤を撒く処置がとられ[22]6月5日には傷ついた幹を保護するためにこも巻きが行われた[24]。しかし、一時は新芽も確認され回復の兆しが見られたものの、新芽の多くが変色し衰弱が進んだ[25]。2011年10月の調査では、海水で根がほとんど腐っており再生不可能と判断され、保護を事実上断念。接ぎ木を育てるなど苗木を移す計画が検討された[26]。2012年7月には一度切断して内部に防腐処理を施しつつ金属製の心棒を通すという形で保存することが発表された[27]

2012年9月12日、最後に残った松の木が伐採された[28]。切られた松は防腐処理を施した上で元の場所に戻す復元工事が行われ、2013年7月に完成式典が行われた。なおこの一本松の復元事業費約1億5000万円は陸前高田市による募金運動により賄われた[29]

陸前高田市のマスコットキャラクター「たかたのゆめちゃん」の耳は、松原の松をイメージしており、住所は「希望の一本松ノ上」という設定である。

その後[編集]

復興庁の看板掛けを行う内閣総理大臣野田佳彦(左)と復興大臣平野達男(右)2012年2月10日、三会堂ビルにて

倒れた松の一部はボランティアの手でとして販売され、売り上げは復興資金として寄付される予定であった[30]。一部は、清水寺大日如来坐像に使用された[31]ものの、2011年8月16日の京都・五山の送り火の薪として使用される予定が、福島第一原子力発電所の事故による放射性セシウムが検出され、二転三転した末に使用中止になったり[32]、2011年9月には成田山新勝寺で被災松を護摩木としておたき上げすることに対し抗議が多数寄せられたり[33]するなど、復興支援と放射能汚染への不安の間でしばしば議論を呼んだ。

2012年2月10日、東日本大震災の復興政策を統括する復興庁が発足し、本庁の看板にはなぎ倒された松原の松が使われた。

2012年7月2日から、郵便事業陸前高田支店において、奇跡の一本松を図案化した風景印の使用が始まった。同年10月1日からは、陸前高田郵便局郵便分室で同図案の風景印を引き継いで使用している。

また、東日本大震災の復興費用に充てる「個人向け復興応援国債」の購入者に対して贈呈する記念貨幣のうち、第3次発行分の一万円金貨3デザインのうち1デザインの表面と、第1次から第4次発行分の各貨幣の裏面には、共通で奇跡の一本松があしらわれている。

松原を含む周辺一帯については高田松原津波復興祈念公園として整備され、東日本大震災津波伝承館(愛称:いわてTSUNAMメモリアル)[34]道の駅高田松原が新設された。震災当時の惨状をそのまま展示する震災遺構としては、陸前高田ユースホステル・旧道の駅高田松原(「タピック45」)・旧気仙中学校・下宿定住促進住宅などが保存されており[35]、一部については内部の見学も可能となっている。

交通アクセス[編集]

関連する名所・旧跡・施設など[編集]

  • 高田松原公園
  • 高浜虚子句碑:松原の中央部に建立されている。俳人・高浜虚子が日本百景の選定審査委員として訪れた際に詠んだ「草臥せて 即ち憩う 松落葉」が刻まれている[36]
  • 石川啄木歌碑:過去に2度津波によって失われ、そのたびに再建されている。1958年7月21日[37]に建立された最初の歌碑は『一握の砂』より採られた「いのちなき砂のかなしさよ/さらさらと/握れば指のあひだより落つ」であったが、1960年のチリ地震津波で流失した。1966年7月21日[37]に2代目の歌碑が建てられたが、2011年の東日本大震災津波で失われた。3代目となる歌碑は石川啄木没後百年記念事業実行委員会が製作し、2013年11月14日に除幕された。碑面には犠牲者への想いを込めて、同じ『一握の砂』より「頬につたふ/なみだのごはず/一握の砂を示しし人を忘れず」が採用された[38][39]
  • 古川沼
  • 海と貝のミュージアム:貝殻5,000種、60,000点を展示していた水族館。陸前高田駅から徒歩10分、国道45号沿いに所在していたが、震災で被災し閉館[40]、同じく震災で全壊した陸前高田市立博物館と一体整備の形で陸前高田市中心市街地に移転し、2022年秋に再オープンの予定[41][42]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「陸全高田 緑の息吹 松原再生」毎日新聞』朝刊2021年5月4日1面(同日閲覧)
  2. ^ 「名勝再生へ4万本 高田松原」『読売新聞』朝刊2021年5月19日(社会面)
  3. ^ 【広角多角】ただの松ではない「奇跡の1本」の10年『読売新聞』朝刊2021年5月23日コラム面
  4. ^ 高田松原津波復興祈念公園 基本構想(案) 参考資料
  5. ^ 松林の始まり 有限会社日本環境グリーン
  6. ^ a b “津波耐えた一本松「復興シンボルに」岩手・陸前高田”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月27日). http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103260461.html 2011年4月3日閲覧。 
  7. ^ 高田松原海水浴場”. いわての旅(公式ウェブサイト). 岩手県観光協会. 2011年6月9日閲覧。高田松原海水浴場海開き”. いわての旅(公式ウェブサイト). 岩手県観光協会. 2011年6月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 陸前高田の海”. 陸前高田市観光物産協会. 2011年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月3日閲覧。
  9. ^ <高田地区海岸災害復旧事業 事業概要>
  10. ^ a b “名勝「高田松原」奇跡の1本、復興の象徴へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年3月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110324-OYT1T00907.htm 2011年4月3日閲覧。 
  11. ^ a b “11年ぶり 震災後初の海開き 古里の浜よみがえる 岩手・陸前高田”. 毎日新聞. (2021年7月18日). https://mainichi.jp/articles/20210718/k00/00m/040/010000c 2021年7月18日閲覧。 
  12. ^ “1本でも名勝松原 文化庁、国指定継続へ”. 東京新聞 Tokyo Web (中日新聞東京本社). (2011年4月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011042102000205.html 2011年5月15日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ a b c d e 高田松原の復旧について 人々の原風景を取り戻す 岩手県
  14. ^ <高田地区海岸災害復旧事業 事業概要>
  15. ^ 鹿島建設株式会社 - 土木デザイン設計競技/景観開花。2020
  16. ^ 高田松原の砂浜4月に一般開放 7月に待望の海開きも 研が再生工事でシャワー棟やトイレ整備中 - Web東海新報令和3年1月30日付 2021年5月25日閲覧
  17. ^ “高田松原、戻った白砂に歓声 東日本大震災後、初の海開き”. 岩手日報 (岩手日報社). (2021年7月18日). https://www.iwate-np.co.jp/article/2021/7/18/99803 2021年7月18日閲覧。 
  18. ^ 第2回 高田松原再生講座「高田松原の震災前の植生~砂浜の植生を中心に~」
  19. ^ 高田松原の植樹、応援のおかげ 4万本まもなく完了「再生見守って」 河北新報ONLINE NEWS 2021年5月8日、2021年6月3日閲覧。
  20. ^ ブルー&グリーンプロジェクト 高田松原再生活動支援 第2回高田松原再生植樹祭を開催します
  21. ^ “【東日本大震災パノラマ Vol.73】 ど根性“希望の松””. msn産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年5月14日). http://photo.sankei.jp.msn.com/panorama/data/2011/0514rikuzentakata/ 2011年5月15日閲覧。 
  22. ^ a b “希望の一本松、守る…陸前高田”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年5月21日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110521k0000m040078000c.html 2011年6月5日閲覧。 
  23. ^ “【東日本大震災パノラマ Vol.69】 震災耐え抜いた「希望の松」ピンチ”. MSN産経フォト (産業経済新聞社). (2011年4月29日). http://photo.sankei.jp.msn.com/panorama/data/2011/0429rikuzen_matsu/ 2011年5月15日閲覧。 
  24. ^ “津波に耐えた陸前高田の一本松「こも」巻き”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年6月5日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110606k0000m040083000c.html 2011年6月5日閲覧。 
  25. ^ 「陸前高田の奇跡の一本松、再び衰弱」『読売新聞』2011年9月12日
  26. ^ 「奇跡の一本松」保護を断念…海水で根が腐り『読売新聞』2011年12月4日
  27. ^ “「奇跡の一本松」保存方法を発表 輪切り後に心棒、立て直す”. 東京新聞 Tokyo Web (中日新聞東京本社). (2012年7月20日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012072001002134.html 2012年7月20日閲覧。 
  28. ^ 「奇跡の一本松」切り倒し作業始まる 岩手・陸前高田[リンク切れ]産経新聞2012年9月12日閲覧)
  29. ^ 陸前高田の「奇跡の一本松」復元 復興願い完成式典[リンク切れ]神戸新聞2013年7月3日
  30. ^ “津波で流された景勝地の松、まきで活用”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年6月5日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110604-OYT1T00944.htm 2011年6月5日閲覧。 
  31. ^ 「あの高田松原の被災松が、なんと清水寺の仏像に生まれ変わることに!」[リンク切れ]マイスピ(2011年8月9日
  32. ^ 「高田松原の薪、販売中止に 五山送り火に提供のNPO」[リンク切れ]朝日新聞』2011年8月16日
  33. ^ 成田山新勝寺“被災松”で供養!賛否覚悟で「御霊のために」[リンク切れ]zakzak(2011年8月16日)
  34. ^ 当館について - 東日本大震災津波伝承館
  35. ^ 震災遺構について - 陸前高田市
  36. ^ 高浜虚子句碑”. いわての旅(公式ウェブサイト). 岩手県観光協会. 2011年6月9日閲覧。
  37. ^ a b 諸澄邦彦. “医療史跡 結核で逝った文学者 (pdf)”. 公益社団法人日本アイソトープ協会. 2020年8月4日閲覧。
  38. ^ 文学周遊 一握の砂”. 『日本経済新聞』. 2020年8月4日閲覧。
  39. ^ ふるさとの礎に安らぐ魂”. 『朝日新聞』. 2020年8月4日閲覧。
  40. ^ “救出された貝の今に迫る 震災後初めて一般公開 支援特別展が開幕 陸前高田(別写真あり)”. Web東海新報 (東海新報社). (2020年2月9日). https://tohkaishimpo.com/2020/02/09/280624/ 2021年7月18日閲覧。 
  41. ^ “岩手県陸前高田市/一本松記念館・市立博物館整備/平屋2700平米、新駅北側に”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2017年4月5日). https://www.decn.co.jp/?p=90464 
  42. ^ “待たれる来年秋の開館 再建の市立博物館完成 海貝Mと一体整備”. Web東海新報 (東海新報社). (2021年8月1日). https://tohkaishimpo.com/2021/08/01/333784/ 2022年1月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度0分12.4秒 東経141度37分30.5秒 / 北緯39.003444度 東経141.625139度 / 39.003444; 141.625139