新日本百景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新日本百景(しんにほんひゃっけい)とは、1927年(昭和2年)に日本新八景と同時に選定された日本百景に対して、新たに日本を代表する景勝地として選定された100の景勝地。

新日本百景を選定するという試みは複数あるが、最も有名なものは、1958年(昭和33年)に、週刊読売が一般公募し、その得票数によって選定したものである。

他に、1938年から1941年にかけて日本版画協会が選定し、会員が版画作品を制作したもの(第1期50景が選定され、そのうち39点が刊行された時点で中断)等がある。

なお、矢作俊彦は『新ニッポン百景』と題した週刊ポストの連載で、現代日本社会を象徴する風景を取り上げ、鋭く批評している。

週刊読売選定の新日本百景の例[編集]

仁右衛門島

関連項目[編集]