震災遺構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館では、津波で天井が流された宮城県気仙沼向洋高等学校体育館が震災遺構として展示されている。

震災遺構(しんさいいこう)とは、震災が原因で倒壊した建物などであるが、次世代に向けて震災が起きたという記憶や教訓のために、取り壊さないで保存しておくというものである。

概要[編集]

2011年平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では、幾つかの倒壊した建物を震災遺構という形での保存を求める声があるが、それをするためには多額の費用がかかったり、震災の辛い記憶を思い出したくないと思う者も多いことから、保存の是非について検討が続けられていたり、震災遺構とならずに取り壊されてしまった建物は多い。

2013年(平成25年)11月15日復興庁は、復興交付金により、保存にかかる初期費用、もしくは保存しない場合はその撤去費を支援することを発表。支援対象は市町村ごとに1カ所まで[1]。支援第1号として、宮古市に存在していた「たろう観光ホテル」が選ばれた[2]。2020年までに9件が整備された。維持管理費までは支援に含まれておらず、風化による寄付金の減少など長期維持が問題となっている[3]。これに続いて、数多くの建物が震災遺構として保存するべきとされ、そのための費用を国に求める運動が、各地で行われている。

主な震災遺構[編集]

日本

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 震災遺構の保存費用、国が支援 市町村ごとに1カ所” (日本語). 日本経済新聞 (2013年11月15日). 2021年3月15日閲覧。
  2. ^ Company, The Asahi Shimbun. “「震災遺構」保存費、国が支援へ 第1号は宮古のホテル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月15日閲覧。
  3. ^ 震災遺構、長期維持に費用の課題 風化とコロナで来場減(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年3月8日). 2021年3月15日閲覧。
  4. ^ 震災遺構「阿蘇大橋」保存へ 熊本県「地震のすさまじさ後世に」” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2021年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]