震災遺構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

震災遺構(しんさいいこう)とは、震災が原因で倒壊した建物などであるが、次世代に向けて震災が起きたという記憶や教訓のために、取り壊さないで保存しておくというものである。

概要[編集]

2011年平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では、幾つかの倒壊した建物を震災遺構という形での保存を求める声があるが、それをするためには多額の費用がかかったり、震災の辛い記憶を思い出したくないと思う者も多いことから、保存の是非について検討が続けられていたり、震災遺構とならずに取り壊されてしまった建物は多い。

陸前高田市奇跡の一本松は、震災遺構とするためにマツを復元して保存されている物である。2013年(平成25年)11月15日には、宮古市に存在していた「たろう観光ホテル」が震災遺構として保存されることになり、そのための費用の一部が、日本国政府から負担されることとなった。

これに続いて、数多くの建物が震災遺構として保存するべきとされ、そのための費用を日本国政府に求める運動が、各地で行われている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]