神戸港震災メモリアルパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸港震災メモリアルパーク 神戸港震災メモリアルパーク
神戸港震災メモリアルパーク

神戸港震災メモリアルパーク(こうべこうしんさいメモリアルパーク、Port of Kobe Earthquake Memorial Park)は、兵庫県神戸市中央区波止場町に位置する公園である。1997年9月竣工。

概要[編集]

神戸港メリケンパークの一角に位置する。1995年平成7年)1月17日兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)においてメリケンパークも大きな被害を受けた。大震災の教訓、港の重要性、日本国内外の多くの人が一体となって港の復旧・復興に努めた様子を後世に伝えようと、メリケンパークの岸壁の一部・約60メートルを、震災遺構として被災当時のままの状態で保存している。2018年にこれは「阪神・淡路大震災による被災構造物群」の一部として、土木学会選奨土木遺産に選ばれる[1]

近くには、休憩所を兼ねた展示スペースもあり、阪神・淡路大震災の記録写真パネルなど、当時の被害状況の資料が展示されている。

交通アクセス[編集]

所在地:神戸市中央区波止場町2-2

周辺施設[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 土木学会関西支部 (2019年7月). “支部だより No.76 2019.7”. 土木学会関西支部. 2019年9月5日閲覧。

座標: 北緯34度41分02秒 東経135度11分24秒 / 北緯34.68389度 東経135.19000度 / 34.68389; 135.19000