栗林公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗林公園
Ritsurin Garden
Ritsurin.JPG
飛来峰からの眺望
栗林公園の位置(日本内)
栗林公園
栗林公園の位置(香川県内)
栗林公園
栗林公園の位置(高松市内)
栗林公園
分類 都市公園(歴史公園)、日本庭園
所在地
座標 北緯34度19分49.2秒 東経134度2分39.85秒 / 北緯34.330333度 東経134.0444028度 / 34.330333; 134.0444028座標: 北緯34度19分49.2秒 東経134度2分39.85秒 / 北緯34.330333度 東経134.0444028度 / 34.330333; 134.0444028
面積 75万m2(紫雲山を含む)
16万m2(平庭部)
前身 松平家別庭
開園 1875年(明治8年)3月16日
運営者 香川県
年来園者数 62万9202人(2008年度)
現況 年中開放(有料)
設備・遊具 茶亭
讃岐民芸館
商工奨励館
駐車場 43台(東門駐車場)
32台(北門前駐車場)
事務所 香川県栗林公園観光事務所
事務所所在地 香川県高松市栗林町一丁目20番16号
公式サイト 栗林公園
紫雲山

栗林公園(りつりんこうえん)は、香川県高松市に所在する、県立の都市公園[1]日本庭園(歴史公園)[2]である。1953年昭和28年)3月30日、国指定特別名勝「栗林公園」に指定されている[3]

概要・歴史[ソースを編集]

紫雲山借景として6つの池と13の築山を配した大名庭園で、回遊式庭園の南庭と近代的に整備された準洋式の北庭からなっている。面積は約75haと、特別名勝に指定されている庭園の中では最大の広さである。

公園の起源としては、元亀天正(16世紀末)の頃、現在の高松市伏石町に在住していた豪族佐藤氏(佐藤志摩介道益)によって西南地区(小普陀付近)に小さな別邸として築庭されたのに始まるといわれる。その後、1625年頃に讃岐国国主生駒高俊によって南湖一帯が造営された。寛永17年(1640年)、生駒騒動によって生駒家が改易処分をうけ讃岐を去ると、同19年(1642年)に新たに高松藩主・12万石として入封した水戸徳川家の連枝松平頼重に引き継がれ、以後高松松平家が5代にわたり100年以上をかけ造営を行い、延享2年(1745年)、第5代藩主松平頼恭の時代に完成、「栗林荘」の名で高松藩別邸として使われた。明治4年1871年)、廃藩置県によって明治政府の管理下におかれた後、同8年(1875年)に県立公園になり一般に公開された。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定された[4]

公園名に「栗林」と付くものの、完成当初から園内の樹木はマツを主要としている。名の由来となったクリは、最初は北門付近に存在していたが、程なく伐採された(鴨猟の邪魔になるためとも言われる)。なお、園内にはマツの他に、サクラも植えられており花見も可能である。さらに、ウメの木も約170本あり[5][リンク切れ]、それを利用した梅酒が販売されたこともあった[6]。ちなみに、公園名の英語表記は「Ritsurin Park」だったが、外国人観光客の増加に伴い「実態と合っていない」という指摘が多くなされたため、2009年3月以降は「Ritsurin Garden」に改めることとなった[7]

この他、園内には、茶亭や香川県の民芸品を展示している讃岐民芸館や、特産品を展示即売する商工奨励館もある。

江戸時代の古図に、高松藩主が南湖で船遊びを行った「御召(おめし)千秋丸」の記載がある。2012年7月、観光客向の和船「千秋丸」が就航する[8]。2017年5月、新たに和船が寄贈され、2隻体制の運行となる[9][10]

2009年に出版の、『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として、最高評価の3つ星に選定された[11]。また、2012年に出版のアメリカの庭園専門誌、『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」で、足立美術館桂離宮に続く、3位を獲得する[12]。そして、「四国歴史文化道」の「高松歴史文化道」の一つに指定される。

香川県は栗林公園の子ども向のパンフレットの作成に合わせ、イメージキャラクターのデザインと愛称を公募した。そして、キャラクターはマツの葉などをあしらった女の子で、愛称を「りんちゃん」に決定する[13]。2012年3月、『特別名勝 栗林公園 子ども公式ガイドブック わくわく探検隊』が完成する。また、2016年3月、同英語版が完成した[14]

栗林公園と日本三名園[ソースを編集]

大名庭園である水戸の偕楽園・金沢の兼六園・岡山の後楽園は、日本三名園として名高い。しかし、明治43年、文部省発行の『高等小学読本 巻一』の第六課「公園」の末文に、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」とあり、栗林公園は日本三名園より優れていると記載する[15]


風物詩[ソースを編集]

公園内の北庭と南庭には桜が植えられており、春には一帯が花見の名所となっている。また、秋にも園内の木々に加えて借景である紫雲山の紅葉が美しく、栗林公園ではこれら2季の季節イベントが堪能できる。どちらとも日中に加えて夜間にも入園ができ、その際は桜や紅葉した木々がライトアップされる。このライトアップは桜が2002年から、紅葉が2001年から行われているもので、その幻想的な美しさから人気が高く、2007年の紅葉ライトアップでは期間中10日間の入園者が夜間だけで1万1284人に達した[16][リンク切れ]

また、2010年まで気象庁が行っていた桜の開花予想発表では、公園内に植えられているソメイヨシノが香川県の桜の標本木となっており、この桜の開花・満開を基に、香川県における桜前線の到来が決められていた。

沿革[ソースを編集]

  • 1869年明治2年)- 版籍奉還により栗林荘が官有となる[17]
  • 1875年(明治8年)3月16日 - 県立公園(太政官布告)として「栗林公園」が公開される[14]
  • 1922年大正11年)3月6日 - 名勝(内務省)に指定される[14]
  • 1930年昭和5年)1月1日 - 栗林公園動物園が開園する[14]
  • 1931年(昭和6年)5月25日 - 風致地区(内務省)に指定される[14]
  • 1947年(昭和22年)9月11日 - 商工奨励館で四国産業復興展が開催される。
  • 1949年(昭和24年)3月20日 - 県・市共催の観光高松大博覧会が開催される。
  • 1949年(昭和24年)11月 - 高松市立美術館が開館。1988年(昭和63年)に閉館。1990年(平成2年)に跡地整備を完了[17]
  • 1953年(昭和28年)3月31日 - 特別名勝(文部省)に指定される[14]
  • 1956年(昭和31年)10月15日 - 都市公園(建設省)に指定される[14]
  • 1956年(昭和31年)8月 - 入園料の徴収が開始される[14]
  • 1958年(昭和33年)9月23日 - 公園東側に政治家三木武吉の銅像を建立。
  • 1965年(昭和40年)11月 - 讃岐民芸館(古民芸館)が開館。1967年(昭和42年)11月、新民芸館が開館。1969年(昭和44年)2月、家具館が開館。1970年(昭和45年)3月、瓦館が開館し、讃岐民芸館は4館の構成となる[14]
  • 2002年(平成14年)9月30日 - 栗林公園動物園が閉園[18]
  • 2004年(平成16年)3月31日 - 栗林公園動物園が閉鎖。
  • 2006年(平成18年)10月 - 東門駐車場が開設される[14]

栗林公園動物園[ソースを編集]

かつては園の東側(中央通り沿い)に栗林公園動物園があった。

前身は1907年に開園した県営の小動物園である。その後、世界恐慌による経営難により香川松太郎に譲渡され、1930年1月1日に私営の栗林公園動物園として開園した。1951年に財団法人に変更。1952年に博物館登録。

来園者が入れる「人間」のオリやナマケモノの飼育で知られていた。1974年パナマからホフマンナマケモノの「シロ」を迎え、国内初となる飼育を開始。1982年に来園したフタユビナマケモノの「ナシ」は1985年の初出産を皮切りに計11頭の子供を出産し、世界最高記録保持者となった。シロは閉園後も高松市内の住宅で飼われており国内長寿記録を更新中である(2011年現在)[19][リンク切れ]

開園時間は日の出から日没まで。長らく市民の憩いの場として親しまれ、1970年頃には入場者数約50万人を数えていた。しかしその後は利用者減で経営と飼育環境が悪化。このため2002年9月末で休園となり[20]、その後も動物の飼育と事実上の公開は続けられたが[21]、香川県に土地を返還するため2004年3月末で完全に閉鎖され、名実ともに74年の歴史に幕を下ろした。跡地は再整備され、2006年10月1日に駐車場が開業した。

ギャラリー[ソースを編集]

開園日・入園料[ソースを編集]

年間を通し、無休で開園されている。1月1日と3月16日の公園開園記念日は、無料である。開園時間は季節で異なるが、4月~9月は早朝5時30分に開園される[22]。。

  • 大人:410円(20人以上の団体料金:320円)
  • 小人:170円(20人以上の団体料金:140円)

アクセス[ソースを編集]

公共交通機関[ソースを編集]

市街地に位置する著名な観光地だけあって各交通機関からのアクセスは良い。ただし、ことでん栗林公園前駅と栗林公園前バス停の南行きは、中央通りを渡る横断歩道の信号待ちなどにより実際より多く時間がかかることがある。なお、その中央通りを渡るには横断歩道の他、同じ場所に地下横断歩道も設置されているが、設置された時期が早いためスロープやエレベーターが無くバリアフリー非対応であったり、階段自体が急で内部も薄暗いなどあまり利便性が良くない。また、栗林公園前バス停の南行き周辺にあった土産物店は2009年までにすべて閉店しており、同バス停から高速バスに乗る際には土産物を購入できないので注意を要する。

駐車場[ソースを編集]

公営駐車場は旧栗林公園動物園の跡地を利用した「栗林公園東門駐車場」と、JR高徳線の高架下を利用した「栗林公園北門前駐車場」、旧民間駐車場を買い取った「栗林公園東門前駐車場」の3ヶ所がある。その他にも、周辺は複数の民間駐車場が存在する。

  • 県営栗林公園東門駐車場(普通車30台、バス13台)
  • 県営栗林公園北門前駐車場(普通車32台)

栗林公園が登場する作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栗林公園|かがわの都市公園 - 香川県 土木部 都市計画課
  2. ^ 香川県 都市公園 (PDF)
  3. ^ 栗林公園 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 北山 健一郎 編著 (2006年). “栗林公園 栗林公園東門周辺再整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告”. 香川県埋蔵文化財調査センター. 2017年4月25日閲覧。
  5. ^ 栗林公園の梅を収穫します”. 香川県による報道発表 (2014年6月6日発表). 2017年4月25日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 「栗林公園産」梅酒いかが 22日発売 香川(2015年3月19日時点のアーカイブ) - 朝日新聞、2013年11月22日。
  7. ^ “パーク改めガーデンに/栗林公園の英語表記”. 四国新聞. (2008年9月30日). オリジナル2012年9月13日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120913173344/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20080930000163 
  8. ^ 名園悠々、殿様気分/栗林公園、和船が就航(2012年7月28日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2012年7月6日閲覧。
  9. ^ 栗林公園/新和船お目見え。四国新聞、2017年5月2日閲覧。
  10. ^ 栗林公園 南湖周遊和船 乗船御案内 (PDF) (2013年1月20日時点のアーカイブ) - 栗林公園ウェブサイト
  11. ^ 栗林公園三つ星に/観光ミシュランあす発売。 四国新聞、2009年3月15日閲覧。
  12. ^ 栗林公園、3位に浮上/米の日本庭園専門誌(2012年1月16日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2012年1月11日閲覧。
  13. ^ 愛称「りんちゃん」/栗林公園イメージキャラ。四国新聞、2011年12月20日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j 『栗林公園の概要』、香川県栗林公園管理事務所 編集/発行、2017年、1・24~29頁。
  15. ^ 特別名勝 栗林公園』、香川県栗林公園観光事務所 編集/発行、2000年。
  16. ^ 秋のライトアップに1万1284人入園-栗林公園[リンク切れ] - 四国新聞、2007年12月4日。
  17. ^ a b (株)アド・サービス・センターほか 編『特別名勝 栗林公園』、香川県栗林観光事務所ほか、2013年、118頁。
  18. ^ 栗林公園動物園あす(30日)閉園/シリーズ追跡。 四国新聞、2002年9月29日閲覧。
  19. ^ ナマケモノ余生ゆうゆう[リンク切れ] - 読売新聞、2011年6月6日。
  20. ^ 栗林公園動物園あす(30日)閉園(2005年5月5日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2002年9月29日。
  21. ^ 栗林公園動物園の動物たちはどこへ(2004年2月25日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2003年11月9日。
  22. ^ 特別名勝 栗林公園』の栞、香川県栗林公園観光事務所 発行、2017年2月版。
  23. ^ 映画「春の雪」栗林公園などでロケ(2009年2月15日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2005年4月23日。
  24. ^ 瀬戸大橋背景に撮影順調-台湾版「ハチクロ」ロケ(2013年10月27日時点のアーカイブ) - 四国新聞、2008年3月12日。

参考文献[ソースを編集]

  • 藤田勝重 著 『栗林公園』、学苑社、1974年。
  • 藤田勝重 著 『西嶋八兵衛と栗林公園』、美巧社、1962年。ISBN 978-4-86387-064-2 C0025。
  • 中村昭雄 著 『日本の庭園美 栗林園』、集英社、1989年。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]