中根金作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中根 金作(なかね きんさく、1917年8月28日 - 1995年3月1日)は、「昭和小堀遠州」と称えられた日本の造園家作庭家

略歴[編集]

静岡県磐田郡天竜村(現・磐田市)に生まれる。静岡県立浜松工業学校(現・静岡県立浜松工業高等学校)を経て、一時外資系の企業に就職し図案を描いていたが、東京高等造園学校(現・東京農業大学造園科学科)に進学し卒業後の1943年京都府の園芸技師に任用になり、文化財保護課課長補佐を務めた後に退職した。その後は裏千家学園茶道専門学校講師などを務める傍ら、1966年に中根庭園研究所設立する。その他大阪芸術大学学長・浪速短期大学学長などを歴任した。その間、足立美術館庭園、大仙公園日本庭園、退蔵院余香苑、城南宮楽水苑など、日本国内と海外で300近い庭園を作庭している。受賞多数。1982年第7回日本公園緑地協会北村賞受賞

主な作品[編集]

足立美術館庭園
城南宮楽水苑

主な受賞歴[編集]

  • 日本造園学会賞(1969年)社団法人日本造園学会
  • オーストリア国農林省 オーストリア国農林大臣銀賞(1974年):ウィーン国際園芸博覧会
  • 全オーストリア園芸協会 金賞(1974年):ウィーン国際園芸博覧会
  • 東京農業大学 造園大賞(1981年):ジュロン日本庭園等
  • 日本公園緑地協会 公園緑地北村賞(1982年)
  • 全国日本学士会 アカデミア賞(1982年)
  • 建設省第5回都市公園等コンクール 建設大臣賞(1989年):大仙公園日本庭園
  • ヴェルツブルク市日本庭園 日本造園コンサルタント協会賞特別賞(1990年)
  • 大阪市民表彰(1991年)
  • 日本造園学会 上原敬二賞(1994年)
  • 正五位勲三等瑞宝章(1995年)

著書[編集]

  • 京の名庭 保育社カラーブックス(1963年)
  • KYOTO GARDENS 保育社カラーブックスENGLISH EDITION(1965年)
上記「京の名庭」の英語版。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]