坊っちゃんエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坊っちゃんエクスプレス号(ジェイアール四国バス)
坊っちゃんエクスプレス号(四国高速バス)

坊っちゃんエクスプレス(ぼっちゃんエクスプレス)は愛媛県松山市香川県高松市とを、松山自動車道高松自動車道を利用して結んでいる高速バスである。

このバスの愛称の由来は、松山市が舞台として書かれた夏目漱石による小説『坊っちゃん』からきている。

全便座席指定制(2009年12月1日より)のため、乗車する際には事前に予約するのが望ましいが、当日空席があれば予約なしでも乗車することもできる。

なお、輸送人員は2006,07年度のいずれも15.5万人/年を超過しており、四国内の県庁所在地相互間を結ぶどの他路線よりも多い[1]

運行会社[編集]

停車停留所[編集]

高松駅 - 県庁通り - 栗林公園前 - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル - 高速丸亀 - 高速善通寺 - 高速観音寺 - 川内インター - 松山インター口 - 余戸南インター または 大街道 - 松山市駅 - 松山駅

※高松駅 - 高速観音寺間および川内インター - 松山間のみの利用はできない。
※高松駅高速バスターミナルは1番のりばから発車する。
※余戸南インターには伊予鉄バス・四国高速バス運行便が停車し、ジェイアール四国バス運行便はルートが違うため停車しない。

運行回数[編集]

  • 昼行便1日15往復。

歴史[編集]

  • 1994年11月17日 - 1日9往復で運行開始。当初はこの路線はスーパーハイデッカー3列独立シート車運行で全席座席指定制であった。また停留所は、高松駅、県庁通り、栗林公園前、(高速)丸亀、(高速)善通寺、(高速)観音寺、川内インター西、松山市駅、松山駅で、高松自動車道高松西IC~松山自動車道川内IC経由であった。
  • 1997年2月27日 - 松山自動車道松山IC経由に変更。川内インター西停留所を廃止、川内インター、松山インター口停留所を新設。
  • 1997年4月1日 - 3往復増便、1日12往復に。予約不要の座席定員制に変更。(先着順で満席の場合乗車不可となる)
  • 1997年5月2日 - 高松西インター口(八幡)停留所新設。
  • 2002年11月1日 - ゆめタウン高松停留所新設。
  • 2004年12月1日 - 3往復増便、1日15往復に。
  • 2006年4月1日 - インターネットによる一部予約が開始(座席定員制)
  • 2007年9月1日 - 伊予鉄バス、四国高速バス、ジェイアール四国バス各予約センターで電話による一部予約が開始
  • 2007年12月1日 - 全便予約定員制に変更。八幡(高松西インター口)停留所を廃止、高松中央インターバスターミナルを新設。高松自動車道高松中央IC経由に変更。
  • 2009年12月1日 - 全便予約指定制に変更。
  • 2018年4月1日 - 伊予鉄バスと四国高速バス運行便が余戸南インター経由に変更。

車内設備[編集]

  • ハイデッカー4列シート(四国高速バス便の一部が3列シート車両)
  • スーパーハイデッカー4列シート(四国高速バス、JR四国バス運行)
  • 化粧室

脚注[編集]

  1. ^ 「四国地方における運輸の動き」平成20年度第1四半期国土交通省四国運輸局

参考文献[編集]

  • JR四国、四国高速バス、伊予鉄道 坊っちゃんエクスプレスパンフレット

外部リンク[編集]