伊予鉄道モハ5000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊予鉄道モハ5000形電車
Iyotetsu-Tyoe5000-gaikan.jpg
松山市駅に停車中のモハ5002号
基本情報
運用者 伊予鉄道
製造所 アルナ車両
運用開始 2017年9月21日[1]
主要諸元
車両定員 60名(座席26名)[2]
車体長 12,500 ミリメートル[2]
車体幅 2,300 ミリメートル[2]
車体高 3,800 ミリメートル[2]
台車 新日鉄住金
主電動機 東洋電機製造製かご形三相誘導電動機
TDK6250-A1
端子電圧 440 V
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
制御方式 2レベルIGBT-VVVFインバータ制御
テンプレートを表示
車内
5002のナンバープレートとアルナ車両のプレート
車体前面(上)と側面(下)の行先表示。

伊予鉄道モハ5000形電車(いよてつどうモハ5000がたでんしゃ)は、2017年(平成29年)に登場した伊予鉄道軌道線用電車である。

概要[編集]

2002年(平成14年)登場の2100形に続く超低床型LRVとして、2017年(平成29年)9月に2両(5001・5002)が登場した[1][2][3]。 2019年1月に追加で2両(5003・5004)が営業運転を開始した。

伊予鉄道は、今後も順次増備していく方針[4]

車体[編集]

2100形に引き続き、アルナ車両リトルダンサータイプSが採用されている。これは従来車(高床車)と同様の車軸付き台車を採用するものの、それらを車体の両端に配置することで、可能な限りの低床化を図るもので、台車上となる高床部分には運転台と4人掛け座席および運賃箱が設置されている[5]

2100形から車体寸法および車内通路幅を拡大し、併せて乗降扉に外吊りのスライドドア(プラグドア)を採用したことなどから[6]、車両定員は2100形の47名(座席20名)から60名(座席26名)に増加した[2]。また、この乗降扉には開閉予告灯を設置し、乗客に対し乗降時の注意を喚起している。

構体は普通鋼製溶接組立方式を基本とし、前頭部および屋根覆い部にFRP製カバーを設置している。

車体デザインは「乗ってみたくなる未来型流線形デザイン」[2]をコンセプトとし、前面には3次元曲面ガラスを用いて丸みを強調している。

車体塗装は同社が2015年(平成27年)に打ち出した「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」の一環として、保有する電車・バスに採用の「愛媛らしさ」を表現したオレンジ色[7]を基調とした。

行先表示には、同社の鉄軌道車両としては初となるLEDを採用しており[6]、外国人観光客向けとして英語表記にも対応する[2]

内装は白と黒のモノトーンで統一されたカラーリングを主とし、座席は従来車と同様の全席ロングシート配置ながら、当形式での改良点として中央部にはスタンションポールを設置している[5]。更にバリアフリー対応として、2100形と同様に車椅子スペースを設け、乗降口床にはスロープを内蔵している。このスロープ部の床面にはセンサーが設けられており、スロープを収納していない場合は、力行操作ができない[5]。また、車椅子スペースには収納座席を設置し、車椅子の利用がない場合は、通常のロングシートとして使用することが可能である[5]

そのほか、中吊り広告を廃し、新たにデジタルサイネージを導入したこと、および、照明装置にはフラットタイプの面発光LEDを採用[2]したこと、並びに、Wi-Fi機器を搭載しており、無料インターネット接続サービス「えひめFree Wi-Fi」を提供していることが特色である。

主要機器[編集]

台車は住友金属工業製のFS-95Aを採用している[5]。この台車は、2100形とほぼ同仕様の、車輪経660mm・軌間1067mmの車軸付きペデスタル式で、これに主電動機として出力60kWの三相かご型誘導電動機を装荷し、TD継手を用い駆動させている[5]

なお、電装品に関しては、こちらも2100形に引き続き、先に述べた主電動機を含め、主に東洋電機製造製を使用している。

特筆される点として、VVVF制御装置補助電源装置を一体化し小型化を図ったC-PCU装置を設置したこと[5]が挙げられ、これによって捻出された屋上スペースを用いて、2100形では床下に設置されていた空気圧縮機を屋上へと設置し、車内空間の拡張を図っている。

C-CPU装置と並んで屋上に設置される冷房装置は、出力24.5kWの屋上集中式[5]である。

ブレーキは多段階制御方式の電気指令式ブレーキに加え、空気ブレーキを併用する電空協調制御を採用[5]し、常用7段、非常、保安ブレーキを有している。また、デッドマン機能も付いている[5]

運用[編集]

2017年9月21日より営業運転を開始した[1][2][3]。従来車と区別されることなく、同様に市内線全線で運用される。

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新型LRT車両が営業運転を開始しました! - 伊予鉄道、2017年9月22日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j 新型LRT車両 営業運転開始!(9/21) - 伊予鉄道、2017年9月22日閲覧
  3. ^ a b 伊予鉄の新型LRT 営業運転開始 - 愛媛新聞オンライン、2017年9月22日閲覧
  4. ^ 伊予鉄が新型LRT導入 定員増、英語アナウンス対応 - 産経ニュース、2017年9月25日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j 日本鉄道運転協会『運転協会誌』2017年12月号 pp37-39 
  6. ^ a b 伊予鉄道市内電車 新型車両が営業運転開始 (愛媛県) - NNN(南海放送)、2017年9月22日閲覧
  7. ^ 伊予鉄道5000形、市内電車の新型車両は「未来型流線形デザイン」9月導入へ - マイナビニュース、2017年1月25日、2017年9月22日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]