日本三名園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本三名園(にほんさんめいえん)とは、優れた景勝を持つ三つの日本庭園金沢市兼六園岡山市後楽園水戸市偕楽園の総称である。

歴史[編集]

「日本三名園」もしくは「三名園」という言葉がいつ頃から使われ始めたのかは不明であるが、文献上では明治32年 (1899年)発行の「日本三名園之一 後楽園新圖」に既にこの言葉が使用されている[1]。また 明治37年(1904年[2][3]に外国人向けに発行された写真集にもこの言葉が使われている。やや異なる言い回しの「日本三公園」を含めるならば、明治24年(1891年)8月、岡山の後楽園を訪れた正岡子規が記念写真の裏に「岡山後楽園 日本三公園ノ一」とメモしたものが存在する[4]

なおこの三園の選定理由として、いわゆる雪月花に兼六園、に後楽園、に偕楽園を対応させたものであろうとする説がある。ただし、三園ともに江戸時代に造営された池泉回遊式の大名庭園であり、この「日本三名園」には日本庭園における他の形式である枯山水露地(茶庭)など、池泉回遊式以外の形式のものは含まれていない。

なお、明治43年に文部省から発行された『高等小学読本』巻一には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」とあり、高松市栗林公園は日本三名園より優れていると記載されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡山県立図書館 デジタル岡山大百科 で閲覧可能
  2. ^ Japan Info(英語版)
  3. ^ なぜ後楽園が日本三名園に?
  4. ^ 【知られざるニッポン vol.24】日本三名園に隠された「意外な事実」” (日本語). ニッポン旅マガジン (2017年2月16日). 2019年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]