大高緑地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大高緑地
Oodakaryokuchi2.JPG
芝生広場
大高緑地の位置(愛知県内)
大高緑地
大高緑地の位置(名古屋市内)
大高緑地
分類 都市公園(広域公園)
所在地
愛知県名古屋市緑区大高町高山1-1
座標 北緯35度3分36.7秒 東経136度57分21.93秒 / 北緯35.060194度 東経136.9560917度 / 35.060194; 136.9560917座標: 北緯35度3分36.7秒 東経136度57分21.93秒 / 北緯35.060194度 東経136.9560917度 / 35.060194; 136.9560917
面積 100.6ha(計画121.2ha)
開園 1963年(昭和38年)4月20日
運営者 愛知県
設備・遊具 交通公園、プール、ベビーゴルフ場、野球場、テニスコート、ゲートボール場、デイキャンプ場等
駐車場 1,200台
事務所 愛知県都市整備協会・大高緑地管理事務所
事務所所在地 名古屋市緑区大高町字高山1-1
公式サイト 大高緑地公園
テンプレートを表示
園内の梅林
園内の梅林
琵琶ヶ池
琵琶ヶ池
児童園
児童園
竹林
竹林

大高緑地(おおだかりょくち)は、愛知県名古屋市緑区にある愛知県営の都市公園(広域公園)である[1]大高緑地公園とも呼ばれる。

概要[編集]

愛知県営の緑地公園である。計画公園面積は121.2haで、2014年現在100.6haが供用されている[1]

1940年昭和15年)、環状緑地帯として都市計画決定され、1952年(昭和27年)に事業着手して1963年(昭和38年)4月に開園[2]。以降、各種施設(後述)を整備して供用面積を順次拡大、2016年平成28年)に全体供用を開始する予定となっている[2]

敷地内にはゴーカートのある交通公園やプール、ベビーゴルフ場、野球場テニスコートゲートボール場、デイキャンプ場などが整備されている。 2012年に名古屋市が主催した第1回名古屋まちなみデザインセレクションの市民投票において、「大高緑地 竹林散策路」がまちなみデザイン20選(第1回)に選定された[3][4]

2016年(平成28年)7月1日には恐竜テーマパーク「ディノアドベンチャー名古屋」がオープンした[5][6](詳細は後述)。

  • 交通公園 - 面積 25,000平方メートル
  • 水泳場 - 4槽、面積 18,825平方メートル、収容人員 約5,000人
  • 野球場 - 3面、面積 22,600平方メートル(軟式野球ソフトボール兼用)
  • 庭球場 - 14面、面積 21,650平方メートル(全天候型14面、テニスソフトテニス兼用)
  • ベビーゴルフ場 - 18ホール、面積 511平方メートル
  • バーベキュー炉(デイキャンプ場) - 面積 4,700平方メートル(デイキャンプ場全体)
  • ディノアドベンチャー名古屋


イベント[編集]

  • 緑区区民まつり(みどり・シティ・フェスティバル) - 毎年10月下旬に行われる。
  • あいち赤旗まつり - 11月に実施。都合により実施されない場合もあり。
  • FREEDOM NAGOYA 無料の音楽フェス

ディノアドベンチャー名古屋[編集]

ディノアドベンチャー名古屋は、大高緑地公園内にある恐竜のテーマパーク。2016年7月1日に第1期工事の終わった約0.9haをプレオープンし[6]、2016年11月3日にパワーアップオープンした[7]。管理運営は岐阜県郡上市でキャンプ場やディノアドベンチャーライドを運営する株式会社エヌエーオー[6]

プレオープン時は園内に整備された全長約600mの遊歩道を歩きながら敷地内に配置された実物大の動く恐竜模型12体をめぐるというもの[6]であったが、11月3日のパワーアップオープンに伴い全長は約900mに延長され、恐竜模型も新たに6体追加され18体となった[7]。今後は、カートにのって恐竜探検をするライド型アトラクションが整備される予定である[7]

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]