姫の沢公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
姫の沢公園
Himenosawa Park
姫の沢公園のつつじ
姫の沢公園の位置(静岡県内)
姫の沢公園
分類 総合公園
所在地
座標 北緯35度7分3.53秒 東経139度3分1.79秒 / 北緯35.1176472度 東経139.0504972度 / 35.1176472; 139.0504972座標: 北緯35度7分3.53秒 東経139度3分1.79秒 / 北緯35.1176472度 東経139.0504972度 / 35.1176472; 139.0504972
面積 108ha
設備・遊具 アスレチックコース、陶芸センター、姫の沢自然の家、スポーツ広場、人工芝多目的グランド、サッカーラグビーフットサルグランドゴルフ等、ロングパイル人工芝、管理棟、ロッカールームシャワールーム車椅子対応トイレ
駐車場 さざんか駐車場(乗用車46台・バス3台)、林間駐車場(乗用車57台)、峠の駐車場(乗用車20台)、全て無料
バリアフリー 車椅子対応トイレなど
アクセス 熱海駅よりバスで約30分
事務所所在地 熱海市伊豆山字姫の沢1164
公式サイト 公式サイト (日本語)

姫の沢公園(ひめのさわこうえん)は、静岡県熱海市の北西部に位置する市営の総合公園である。日本の都市公園100選選定。

概要[編集]

熱海市の市街中心部から北西に約4km、熱海峠の東斜面、標高450mから700mのところにある公園である。108haの広大な自然を利用して人工滝・池・渓流も配し、熱海の花の名所として四季折々の花々が楽しめるほか、アスレチックや楽焼も用意されている[1]植物園のような環境下で見られる植物は、600種以上。

構成[編集]

植物庭園[編集]

敷地内各所に点在[2]

広場・自然[編集]

敷地内各所に点在[2]

  • 野鳥の森
  • 峠の広場
  • ねむの広場
  • つげの広場
  • おべんとう広場
  • ピクニック広場
  • アスレチック広場
  • 笹の広場
  • 青少年広場
  • 憩いの森
  • ひめのさわランド(準備中)

アスレチックコース[編集]

どちらのコースも40個のフィールドアスレチックで構成される(異なるのは最初の1-10までで、11以降は共通)。共に距離3.5km、所要時間約3時間[3]

  • Bコース : 峠の広場(日金山霊園南方)から南東に進んだ後、大きく東回りし、アスレチック広場(南西)でゴール。
  • Aコース : アスレチック広場(南西)から時計回りに一周し、アスレチック広場(南西)でゴール。

屋内施設[編集]

  • ひめのさわビジターセンター(2020年開館予定)

スポーツ広場[編集]

  • 姫の沢公園スポーツ広場 - 公園から道路を挟んだ南西向に所在。一年を通して利用できる人工芝多目的グラウンド。要予約。
    • ロングパイル人工芝(9140平方メートル)
      • サッカー(一般)コート : 1面分
      • サッカー(8人制)コート : 2面分
      • フットサルコート : 3面分
    • ランニングトラック(約360m)
    • 観客席
    • 管理棟(ロッカールーム・シャワー室)

旧施設[編集]

  • 陶芸センター
  • 熱海市立姫の沢自然の家(旧・熱海市立少年自然の家)(1980年(昭和55年) - 2019年(平成31年)3月31日[4]) : 南東部に所在。施設老朽化に伴い閉鎖。
    → ひめのさわランド(準備中)

アクセス[編集]

  • バス : 熱海駅より「元箱根」方面行きバスで約30分、「姫の沢公園」下車。
  • 駐車場
    • 峠の駐車場(乗用車20台) - 北西(日金山霊園の南西脇)
    • 林間駐車場(乗用車56台) - 南西
    • (スポーツ広場(乗用車69台・バス4台)※通常スポーツ広場利用時のみ) - 南西
    • さざんか駐車場(乗用車41台・身障者用1台・バス3台) - 南東

イベント[編集]

沿革[編集]

  • 1976年(昭和51年) - アスレチックコースが完成[5]
  • 1980年(昭和55年) - 少年自然の家が完成[5]
  • 1999年(平成11年) - スポーツ広場が完成[5]
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 熱海市振興公社による管理開始、「熱海市立少年自然の家」を「熱海市立姫の沢自然の家」に改名[6]
  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 3月31日 - 自然の家閉鎖、熱海市振興公社による管理終了。
    • 4月1日 - 姫の沢公園パートナーズ(伊豆箱根鉄道・西武造園・時設計)による管理開始。

指定管理者[編集]

歴代の指定管理者は以下の通り[7]

  • 2009年(平成21年)4月 - 2014年(平成26年)3月 : 公益財団法人 熱海市振興公社
  • 2014年(平成26年)4月 - 2019年(平成31年)3月 : 公益財団法人 熱海市振興公社
  • 2019年(平成31年)4月 - 2024年(令和6年)3月 : 姫の沢公園パートナーズ(伊豆箱根鉄道西武造園・時設計(設計事務所)で構成される共同企業体

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 熱海市観光協会. “姫の沢公園”. 2015年3月7日閲覧。
  2. ^ a b 公園マップ - 西武造園
  3. ^ 姫の沢公園アスレチックマップ - 西武造園
  4. ^ 熱海市立姫の沢自然の家 - 熱海市
  5. ^ a b c 熱海市の観光(PDF内年表) - 熱海市公式ウェブサイト
  6. ^ 熱海市立姫の沢自然の家 - 熱海市
  7. ^ 指定管理者制度 - 熱海市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]