港の見える丘公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港の見える丘公園
Minato-no-Mieru-Oka Park
Minatonomieruokapark.jpg
港の見える丘公園(正面入口より展望台方向を望む)
分類 都市公園(風致公園)
所在地
座標 北緯35度26分23.6秒 東経139度39分18.0秒 / 北緯35.439889度 東経139.655000度 / 35.439889; 139.655000 (港の見える丘公園)座標: 北緯35度26分23.6秒 東経139度39分18.0秒 / 北緯35.439889度 東経139.655000度 / 35.439889; 139.655000 (港の見える丘公園)
面積 57,765m2
開園 1962年(昭和37年)10月
運営者 横浜市
駐車場 17台(有料)
告示 1960年(昭和35年)5月11日
事務所 環境創造局 南部公園緑地事務所 都心部公園担当
事務所所在地 横浜市中区真砂町2-22(関内中央ビル)
公式サイト 横浜市環境創造局
展望台からの横浜ベイブリッジ
同じ位置からの夜景

港の見える丘公園(みなとのみえるおかこうえん)は、神奈川県横浜市中区山手町114にある都市公園(風致公園)。

1962年昭和37年)に開園。名称は戦後の流行歌『港が見える丘』に由来する。

概要[編集]

江戸時代末期、横浜が開港した際に、イギリスフランス軍隊が当地に駐留した。日本初のフリーメイソンロッジも置かれた。その後、太平洋戦争後も、アメリカ軍など進駐軍がこの地を接収した。接収が解除になってから、横浜市が公園用地として手に入れ整備し、1962年(昭和37年)10月25日に風致公園として開園[要出典]、一般者が立ち入ることが出来るようになった。

山下公園と並んで、横浜市の観光地の公園の一つで、横浜港を見渡せる高台に位置する。ただし、見える物はあくまで本当の意味の「」であり、横浜ベイブリッジを除くと、横浜の代表的な観光地であるみなとみらい21関内といった地区を見下ろすことはできない。そのため、初めて来た人には予想していた綺麗な風景とは違うということで残念に思う人も多いが、夜景においては横浜では屈指の美しさを誇る。日本三大夜景と呼ばれる函館神戸長崎の山より標高はずっと低く、見渡せる景色の範囲は限られてしまうが、その分港を間近で見ることができる。

山手地区に近く、雰囲気も山手と似ているので、家族連れや若者のカップルも見られる。

終戦直後の1948年(昭和23年)にヒットした流行歌『港が見える丘』にちなんで命名され、1962年5月8日の開園式には同曲が流れる中、横浜市長によるテープカットがなされた[1]。園内には『港が見える丘』の歌碑が建っている。公園の一角には大佛次郎の記念館もある。

また、1969年(昭和44年)に累計150万枚以上を売り上げ[2]、横浜の代表的なご当地ソングとなっている[3]いしだあゆみの楽曲『ブルー・ライト・ヨコハマ』は港の見える丘公園から見た、横浜と川崎工業地帯の夜景をイメージしたものだという[4]

1986年(昭和61年)より放送が開始されたテレビドラマあぶない刑事』の中にもよく登場している。

ちなみにオフコース小田和正)の『秋の気配』の歌詞に出てくる“港が見下ろせるこだかい公園”とはこの公園のことを指しており、B'zの『TIME』でも“港が見渡せる丘”として歌われている。

2012年平成24年)には、スタジオジブリコクリコ坂から』の記念スポットとしてUW旗とパネルが設置された[5]

2014年(平成26年)、港の見える丘公園の拡張区域として「ブラフ99ガーデン」が開園した。山手の洋館の前庭をイメージしたものとなっている[6]

2016年(平成28年)にバラ園が「イングリッシュローズの庭」、沈床花壇が「香りの庭」としてリニューアルされ[7][8]2017年(平成29年)には第33回全国都市緑化よこはまフェア(愛称:ガーデンネックレス横浜2017)のみなとガーデン会場の一つとなっている[9]

なお、以前は高台から横浜港湾の岸壁を望むことができたが、近年は横浜ベイブリッジ建設に伴う道路の整備が行われたため、視界に首都高速道路の高架が必ず入る。平日は人通りも少ないが、週末にはカップルで賑わう。

公園内の施設[編集]

山手111番館
横浜市イギリス館

周辺[編集]

アクセス[編集]

市営バス「あかいくつ」
噴水広場で転回する。また定期観光バスも見学地のためここに入ってくる。(循環路線化される前に撮影)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈川新聞・1962年5月9日記事 “港の見える丘公園”が開園 8日午後2時から開園式が副知事や横商会頭、各国領事を招いて行われた、総工費6300万円、十余年前に平野愛子さんが歌ってヒットした『港が見える丘』を渡辺はま子さんが歌った。
  2. ^ AERA』1990年3月27日号。
  3. ^ 街の灯りがとてもきれいね♪ 横浜ご当地ソング堂々1位 (朝日新聞、2008年5月29日)
  4. ^ 昭和歌謡『ブルー・ライト・ヨコハマ』の「とてもきれい」と歌われた「街の灯り」の場所は一体どこ?(はまれぽ.com 2014年5月16日)
  5. ^ 「コクリコ坂から」横浜キャンペーン2012”. 横浜観光コンベンション・ビューロー (2012年5月23日). 2012年11月8日閲覧。
  6. ^ 港の見える丘公園拡張部~ブラフ99ガーデン~が開園します(横浜市環境創造局 2014年3月31日)
  7. ^ 港の見える丘公園(横浜市環境創造局 2017年5月10日閲覧
  8. ^ 港の見える丘公園のバラ園の見頃と今の開花状況2017(子連れの横浜元町中華街口コミブログ 2017年5月3日公開、2017年5月10日閲覧
  9. ^ 会場のご案内:みなとガーデン(第33回全国都市緑化よこはまフェア公式サイト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]