海開き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海開き(うみびらき)とは、日本語においてその年に砂浜レジャーの場として供され始めること、およびその日に行われる年中行事を言う。

行事[編集]

行事としての海開きは、海水浴場で行われレジャーシーズン中の繁盛と安全を祈願し、神主などによる神事を執り行うことが多い。日本の本州では7月1日に行っている場合が多い[1]が、温暖な沖縄県などではこれよりも早く(3月下旬 - 4月にかけて)海開きとなる。日本一早い海開きは小笠原諸島父島母島[2]で元旦に海開きとなる。

海水浴場における遊泳の時期的な規制とは無関係で、特段の規制が設けられている場合を除き海開き期間以外でも遊泳は可能であるが、クラゲが発生したり駐車場が閉鎖されたり監視員救護施設などが設置されてない場合がほとんどである。

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p94 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 本州では最南端の和歌山県