陸前高田ユースホステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陸前高田ユースホステル
Collapsed Rikuzentakata Youth Hostel and a Pine Tree of Hope.jpg
東北地方太平洋沖地震後の陸前高田
ユースホステルと復興のシンボルとなった松
収容人数 68人
所在地 029-2204
岩手県陸前高田市気仙町字砂盛176-6(高田松原内)
外部リンク JYH協会内サイト

陸前高田ユースホステル(りくぜんたかたユースホステル)は日本ユースホステル協会に加盟していた岩手県ユースホステル高田松原公園内に位置し、東北地方太平洋沖地震で建物が一部崩壊するなど大きな被害を受けたが、すでに長期休館中だったため人的被害はなかった。高田松原もほぼすべての松が流出したが、ユースホステル近くの松が1本だけ奇跡的に残り、復興のシンボルとなった(奇跡の一本松も参照)[1]

建物は震災遺構として保存される方針であり、実質的に閉鎖となる。

設備[編集]

(以下は休館前・大震災前のもの) 高田松原内にあり、施設は松林に囲まれている。

  • 個人や小グループに適している
  • 団体の利用に適している
  • 余裕があればグループで一室利用可
  • 駐車場あり
  • 駐輪場あり
  • 洗濯機あり
  • 乾燥機あり
  • 荷物預かりあり
  • 英語による予約可
  • 周辺にスポーツ施設あり

休館[編集]

2011年1月より長期休館中のところ、3月11日東日本大震災により建物が全壊した。2013年1月、岩手県と陸前高田市は、誘致を検討している「国営防災メモリアル公園」に残す「震災遺構」の1つに本ユースホステルの建物を含めることを決めた[2]

アクセス[編集]

(震災前)

2016年現在は、大船渡線の代替BRTによる奇跡の一本松駅が跡地の最寄りとなる。

近隣のユースホステル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]