出雲蓉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出雲 蓉(いずも よう)は、地唄舞(上方舞)の演者。

神崎流の流れを汲む出雲流(いずもりゅう)を興し、東京・西荻窪を拠点とする。

概要[編集]

初代西崎緑神崎ひでに師事した神崎蓉が1974年8月に「出雲流」の創流とともに改名し、初代出雲蓉と称する。1987年(昭和62年)度文化庁芸術祭賞(舞踊部門)、1995年(平成7年)度文化庁芸術祭大賞(演芸部門)、1998年(平成10年)度芸術選奨文部大臣賞(大衆芸能部門)受賞および、1996年(平成8年)「スターの広場」顕彰。

受賞歴[編集]

  • 昭和62年度文化庁芸術祭賞[1]
  • 平成7年度文化庁芸術祭大賞[1]
  • 平成8年「スターの広場」顕彰[2]
  • 平成10年度芸術選奨文部大臣賞[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

  • 藤田洋『日本舞踊ハンドブック』三省堂、2001年、88頁、94頁、99-100頁。

外部リンク[編集]