若桑みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若桑 みどり(わかくわ みどり、1935年11月10日 - 2007年10月3日)は、日本美術史学者。千葉大学名誉教授。専門は西洋美術史・表象文化史・ジェンダー史・ジェンダー文化論。

来歴・人物[編集]

英文学者山本政喜の娘として東京に生まれる。兄は有斐閣の編集者だった山本阿母里、ロシア文学者川端香男里東京学芸大学教授だった哲学者若桑毅は元夫。

東京藝術大学美術学部芸術学専攻科修了。イタリア政府給費留学生としてローマ大学に留学。東京藝術大学音楽学部教授を経て、1988年から千葉大学教養部、後に文学部史学科教授となる。2001年の退官後、千葉大学名誉教授。2001年から2007年まで川村学園女子大学教授。

2007年10月3日、虚血性心不全により東京都世田谷区の自宅において、71歳で死去。

概要[編集]

西洋美術家としての専門はイコノロジーの方法を用いた、イタリアを中心とするルネッサンスマニエリスムバロック美術である。いち早くカラヴァッジオを取り上げた他、マニエリスム芸術を日本に紹介した功績は大きい。またミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂フレスコ画の総合的解釈で知られる。代表的著作に『マニエリスム芸術論』、『光彩の芸術』、『象徴としての女性像』。

1990年代半ばからは、フェミニズムの立場にたった日本近代における視覚文化史研究にフィールドを拡げ、『戦争が作る女性像ー第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ』、『皇后の肖像ー昭憲皇太后の表象と女性の国民化』などの一連の著作、論文を発表している。

ジェンダー文化研究所を主宰し、文化のなかにおけるジェンダーについて研究を進めた。

政治活動としては2007年東京都都知事選において、「アサノと勝とう!女性勝手連」の結成を呼びかけ、浅野史郎の支援活動に携わった。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マニエリスム芸術論』(岩崎美術社, 1980年/ちくま学芸文庫, 1994年)
  • 『薔薇のイコノロジー』(青土社, 1984年)
  • 『女性画家列伝』(岩波書店岩波新書], 1985年)
  • 『レット・イット・ビー』(主婦の友社, 1988年)
  • 『風のイコノロジー』(主婦の友社, 1990年)
  • 『都市のイコノロジー』(青土社, 1990年)
  • 『ケーテ・コルヴィッツ』(彩樹社, 1993年)
  • 『絵画を読む――イコノロジー入門』(日本放送出版協会[NHKブックス], 1993年)
  • 『イメージを読む――美術史入門』(筑摩書房[ちくまプリマーブックス], 1993年/ちくま学芸文庫, 2005年)
  • 『光彩の絵画――ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画の図像解釈学的研究』(哲学書房, 1993年)
  • 『世界の都市の物語(13) フィレンツェ』(文藝春秋, 1994年/文春文庫, 1999年/講談社学術文庫, 2012年)
  • 『戦争がつくる女性像――第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ』(筑摩書房, 1995年/ちくま学芸文庫, 2000年)
  • 『岩波近代日本の美術(2)隠された視線――浮世絵・洋画の女性裸体像』(岩波書店、1997年)
  • 『象徴としての女性像――ジェンダー史から見た家父長制社会における女性表象』(筑摩書房, 2000年)
  • 『イメージの歴史』(放送大学教育振興会, 2000年/ちくま学芸文庫, 2012年)
  • 『皇后の肖像――昭憲皇太后の表象と女性の国民化』(筑摩書房, 2001年)
  • 『お姫様とジェンダー――アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門』(筑摩書房[ちくま新書], 2003年)
  • 『クアトロ・ラガッツィ――天正少年使節と世界帝国』(集英社, 2003年/集英社文庫(上下), 2008年)
  • 『戦争とジェンダー――戦争を起こす男性同盟と平和を創るジェンダー理論』(大月書店, 2005年)
  • 『聖母像の到来』(青土社, 2008年)

共著[編集]

共編著[編集]

監修[編集]

  • 『甦るミケランジェロ――システィーナ礼拝堂』(日本テレビ放送網, 1987年)

翻訳[編集]

  • アーノルド・ハウザー『マニエリスム――ルネサンスの危機と近代芸術の始源(上・中・下)』(岩崎美術社, 1970年)
  • レナータ・ネグリ『現代の絵画(8)ボナールとナビ派』(平凡社, 1974年)
  • D・レディグ『ミケランジェロ最終審判』(筑摩書房, 1976年)
  • ピエール・デュ・コロンビエ『ミケランジェロ』(小学館, 1983年)
  • マリオ・プラーツ『官能の庭――マニエリスム・エンブレム・バロック』(ありな書房、1992年)
  • ジョルジョ・デ・マルキス『アヴァンギャルド芸術論――アヴァンギャルドおよびネオ・アヴァンギャルド芸術入門』(現代企画室, 1992年)
  • グラディス・S・ブリザード『親子で見る絵』(クレオ, 1992年)
  • エルヴィン・パノフスキー『墓の彫刻――死に立ち向かった精神の様態』(哲学書房, 1996年)
  • ミランダ・ブルース=ミットフォード『サイン・シンボル事典』(三省堂, 1997年)
  • ブルース・ロートン『オノレ・ドーミエ――偉大なる漫画家』(大月書店, 1997年)

関連項目[編集]

概念[編集]

人物[編集]

参考[編集]

  • 追悼 若桑みどり「ユリイカ」2007-11

外部リンク[編集]