加藤秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 秀一(かとう しゅういち、1963年6月15日 - )は、日本の社会学者明治学院大学社会学部教授、フェミニスト

来歴[編集]

埼玉県立川越高等学校を経て、一橋大学社会学部卒、東京大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得満期退学上野千鶴子と関係が深い。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

  • 坂本佳鶴惠瀬地山角)『フェミニズム・コレクション(全3巻)』(勁草書房 1993年
  • 『「ジェンダー」の危機を超える! 徹底討論!バックラッシュ』若桑みどり,皆川満寿美,赤石千衣子共編著 2006 青弓社ライブラリー
  • 『遺伝子技術の社会学』柘植あづみ共編著 文化書房博文社 2007 ソキウス研究叢書
  • 『自由への問い 8 生 生存・生き方・生命』責任編集 岩波書店, 2010

外部リンク[編集]