マリオ・プラーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マリオ・プラーツ(Mario Praz、1896年9月6日1982年3月23日)は、イタリア人の美術史家、文学研究者。

略歴[編集]

イタリアローマに生まれ、ローマ大学法学部と文学部を卒業、1923年にイギリスへ留学滞在しリヴァプール大学マンチェスター大学イタリア文学を講義、1934年イタリア・ローマに戻り、1966年までローマ大学の英語・英文学科教授をつとめた。1962年に大英帝国勲章(KBE)を受章。

著書はイギリス文学研究を始め、ジェーン・オースティンエマ』他多数のイタリア語訳、イタリア・ルネサンス関係等の美術評論など、数十冊を刊行している。

ルキノ・ヴィスコンティ監督『家族の肖像』(1974年)での主人公たる老教授のモデルとされる。

旧自宅が1995年に【マリオ・プラーツ美術館】〈MUSEO MARIO PRAZ〉として開館した。

著書(日本語訳)[編集]

上村忠男、広石正和、尾形希和子、森泉文美訳。下記・ありな書房版は別訳  
※以下は全て「ありな書房」での刊行
  • 『蛇との契約 ロマン主義の感性と美意識』 浦一章訳、2002年
  • ペルセウスメドゥーサ ロマン主義からアヴァンギャルドへ』 末吉雄二、伊藤博明共訳 1995年
  • 『ローマ百景 I 建築と美術と文学と』 伊藤博明、浦一章、白崎容子訳、2009年
  • 『ローマ百景 II 建築と美術と文学と』 伊藤博明、上村清雄、白崎容子訳、2006年 
    • 旧版『ローマ百景 建築と美術と文学と』 1999年 - 選書判
  • ムネモシュネ 文学と視覚芸術との間の平行現象』 高山宏訳、1999年 - 「記憶の女神~」は別訳版[1]
  • 『官能の庭 マニエリスムエムブレムバロック若桑みどり森田義之ほか全5名訳、1992年
    • 選書判『マニエーラ・イタリアーナ ルネサンス・二人の先駆者・マニエリスム 官能の庭Ⅰ』 2021年5月
    • 選書判『ピクタ・ポエシス ペトラルカからエンブレムへ 官能の庭Ⅱ』 2022年5月
    • 選書判『ベルニーニの天啓 一七世紀の芸術 官能の庭Ⅲ』 2022年3月
    • 選書判『バロックの宇宙 マリオ・プラーツ芸術論 官能の庭Ⅳ』 2022年8月。分冊新版
  • 『フランチェスコ・ピアンタの奇矯な彫刻 エンブレムのバロック的表象』 伊藤博明訳、2008年
  • 『綺想主義研究 バロックのエンブレム類典』 伊藤博明訳、1998年。2分冊
〔論文〕- 数十年前の刊行につき絶版。

洋書[編集]

プラーツを編集主幹とするローマ発の英文学研究の定期刊行誌『English Miscellany イングリッシュ・ミセラニー』
1950年から約30年間の英語論文と、プラーツ自身によるイタリア語論文を収録した文献。別冊は監修者による和文解説。

脚注[編集]

  1. ^ 美術出版社・前川訳を批判し、新訳版を刊行
  2. ^ 1960年9月、ベラージョでのヨーロッパ・アメリカ合同学会シンポジウム報告

関連人物[編集]