中西新太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中西 新太郎(なかにし しんたろう、1948年 - )は、日本の文化社会学者、横浜市立大学名誉教授。現代日本社会論・文化社会学。元唯物論研究会委員長。

略歴[編集]

東京都立大学人文学部卒。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。岩崎允胤らの指導を受けた[1]鹿児島大学教育学部助教授、1990年横浜市立大学国際文化学部助教授、教授。2006年唯物論研究協会委員長[2]。2014年横浜市立大学退職、関東学院大学経営学部教授、横浜市立大学名誉教授。

オウム真理教事件をきっかけに、子供・若者の成長に関わる文化現象に関心を持っている。NPO法人前夜が主宰する雑誌『前夜』に参加した。

著書[編集]

  • 情報消費型社会と知の構造 学校・知識・消費社会(旬報社 1998年)
  • 思春期の危機を生きる子どもたち(はるか書房 2001年)
  • 若者たちに何が起こっているのか(花伝社 2004年)
  • 〈生きにくさ〉の根はどこにあるのか 格差社会と若者のいま(前夜 2007年 前夜セミナーbook)
  • 〈生きづらさ〉の時代の保育哲学(ひとなる書房 2009年)
  • シャカイ系の想像力(岩波書店 2011年 若者の気分)

共編著[編集]

  • 子どもたちのサブカルチャー大研究(編 片岡洋子ほか著 労働旬報社 1997年)
  • 平等主義が福祉をすくう 脱〈自己責任=格差社会〉の理論(竹内章郎、後藤道夫、小池直人、吉崎祥司共著 青木書店 2005年)
  • 1995年 未了の問題圏(編 雨宮処凛中島岳志湯浅誠栗田隆子杉田俊介著 大月書店 2008年)
  • 21世紀への透視図 今日的変容の根源から(古茂田宏、鈴木宗徳共編 青木書店 2009年 哲学から未来をひらく)
  • ノンエリート青年の社会空間 働くこと、生きること、「大人になる」ということ(高山智樹共編 大月書店 2009年)
  • キーワードで読む現代日本社会(蓑輪明子共編著 植上一希、柴田努、鈴木航、二宮元著 旬報社 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 「座談会 日本における唯物論研究の歴史と東京唯物論研究会」唯物論 : 東京唯物論研究会会報
  2. ^ [1]唯物論研究協会

参考[編集]