川端香男里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川端 香男里(かわばた かおり、男性、1933年(昭和8年)12月24日 - )は、日本のロシア文学者、東京大学文学部名誉教授川端康成記念会理事長。結婚以前の元の名前は山本香男里。

経歴[編集]

1933年(昭和8年)12月24日に、英文学者山本政喜の三男として東京品川区で誕生。美術史家の若桑みどりは実妹である。開成中学、東京都立第六高等学校(現・東京都立新宿高等学校)、東京大学教養学部教養学科フランス分科を卒業後、同大学院人文科学研究科で比較文学比較文化(ロシア文学の比較文学的研究)を専攻。1960年(昭和35年)よりフランス政府給費留学生としてパリ大学に留学。同期生には友人の栗原雅直がいた[1]

1963年(昭和38年)から北海道大学文学部の専任講師となり、1965年(昭和40年)よりカレル大学モスクワ大学に留学。1966年(昭和41年)春に栗原雅直の紹介で、川端康成の養女・政子とお見合いした。香男里の父・山本政喜が、一高東京帝国大学英文科で川端康成と同期で顔見知りであったことから、川端と話が弾んだという[2]

1967年(昭和42年)7月25日に入籍し8月に留学先のモスクワの日本大使館で結婚式を挙げた後、日本に帰り10月14日に国際文化会館で披露宴をあげた。川端の家に養女にもらった娘だから、よそに出すわけにはいかないという川端康成の強い意向で、香男里が妻の姓になることになった(養嗣子になったわけではない)[3][2]

1971年(昭和46年)に東京大学教養学部講師となり、1973年(昭和48年)、新設された文学部ロシア語ロシア文学専修課程の助教授となり、のち教授。1994年(平成6年)に定年退官後、中部大学国際関係学部教授、2000年(平成12年)に川村学園女子大学教授、のち副学長。NHKラジオロシア語講座 応用編」講師を務めたこともある。2009年(平成21年)に副学長を定年退任した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ユートピアの幻想』(潮新書、1971年/講談社学術文庫 1993年)
  • 『薔薇と十字架 ロシア文学の世界』(青土社 1981年)
  • トルストイ』〈人類の知的遺産52〉(講談社 1982年)
  • 『ロシア文学史』 〈岩波全書〉(岩波書店 1986年)
  • 『ロシア その民族とこころ』(悠思社 1991年講/談社学術文庫 1998年)

編著[編集]

  • 『現代ロシア幻想小説』(白水社 1971年)
  • 『世界幻想文学大系(34)ロシア神秘小説集』(国書刊行会 1984年)
  • 『ロシア文学史』(東京大学出版会 1986年)
  • 『神秘主義 ヨーロッパ精神の底流』(せりか書房 1988年)
  • 大泉黒石 ロシア文学史』(講談社学術文庫 1989年)校訂・解説

共編著[編集]

訳書[編集]

  • 『世界文学大系 第93 (近代小説集 第3)』筑摩書房 1965(山本香男里名義)
    • 世界の終り(フェージン)、ヴィクトリーヤ・カジミーロヴナ(ゾーシチェンコ)、シェフル・イ・セプスのオアシス(イヴァーノフ) 、モスクワの夏(パウストーフスキイ)
  • チェーホフ桜の園』(講談社:世界文学全集、1968年、新版1975年)
  • アレクサンドル・プーシキン 『大尉の娘・戯曲 モーツァルトとサリエーリ・石の客』 (講談社「世界文学全集」、1969年、新版1979年)
  • E・ザミャーチン『われら』(講談社、1970年、講談社文庫、1975年/岩波文庫 1992年)
  • ロナルド・ヒングリー『19世紀ロシアの作家と社会』(平凡社「世界大学選書」 1971年/中公文庫 1984年)
  • 『プーシキン全集(5) 評論・歴史・紀行』 米川哲夫共訳(河出書房新社、1973年)。他に、第2・6巻で分担訳。
  • アンドレイ・ベールイ 『魂の遍歴』〈20世紀のロシア小説〉(白水社、1973年)
  • ボリス・ピリニャーク『機械と狼』 工藤正広共訳 (白水社、1973年/未知谷 2010年)
  • ミハイル・バフチンフランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(せりか書房 1974年、新版1988年)
  • ピエール・パスカル 『ドストエフスキイ』 〈作家と人間叢書〉(ヨルダン社、1975年)
  • チェーホフ『ワーニャ伯父さん』 (講談社「世界文学全集」、1975年)
  • ベールイ『ペテルブルグ』(講談社「世界文学全集」、1977年/講談社文芸文庫(上下) 2000年、復刊2015年)
  • ベールイ『銀の鳩』 (講談社 1977年)
  • ドストエフスキー『ドストエフスキー全集(17・18・19) 作家の日記』(新潮社 1979-80年)
  • 『ミハイル・バフチン著作集(7) 叙事詩と小説』(訳者代表、新時代社 1982年)
  • ロシア・アヴァンギャルド芸術 理論と批評 1902-34年』(J・E・ボウルト編、望月哲男・西中村浩共訳、岩波書店 1988年)
  • カテリーナ・クラーク、マイケル・ホルクイスト『ミハイール・バフチーンの世界』 鈴木晶共訳(せりか書房 1990年)
  • アーロン・グレーヴィチ『中世文化のカテゴリー』 栗原成郎共訳(岩波書店 1992年、新版1999年)
  • カサノーヴァ 『「イコザメロン」 ユートピア旅行記叢書(14) 奇想と転倒のユートピア』(岩波書店 1997年)
  • プーシキン 『大尉の娘』(未知谷 2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「第十章 荒涼たる世界へ――〈魔界〉の終焉 第七節 養女麻紗子の結婚と伊藤初代の死」(森本・下 2014, pp. 482-502)
  2. ^ a b 川端香男里「父 川端康成のこと」(新潮臨時増刊 川端康成読本1972年6月号)。基底 1979, p. 54、森本・下 2014, pp. 492-493
  3. ^ 「第四章 川端家の人びと」(秀子 1983, pp. 157-172)

参考文献[編集]