金剛永謹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金剛 永謹(こんごう ひさのり、1951年(昭和26年)6月24日 - )は、シテ方金剛流能楽師。金剛流二十六世宗家。当代。京都在住。

二世金剛巌の長男として京都市に生れる。父に師事。1956年仕舞「猩々」で初舞台、1958年『猩々』で初シテ。1991年重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定)。1998年金剛流二十六世宗家を継承。

現在、公益財団法人金剛能楽堂財団理事長、社団法人日本能楽会常務理事、金剛会理事長を務める。また、団長としてアメリカ、カナダ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル等海外公演多数。

1984年「京都市芸術新人賞」、1986年「京都府文化賞新人賞」、2004年京都府文化賞功労賞受賞。2010年京都市文化功労者表彰を受賞。2017年第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2018年紫綬褒章受章。著書に『金剛家の面』がある。

1983年に夫人がライオンのママ・ローヤルのCMに出演している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]