宮崎進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 進(みやざき しん(本名の読み:すすむ)[1]1922年大正11年)1月15日 - 2018年平成30年)5月16日[1])は、日本の洋画家多摩美術大学名誉教授

山口県徳山市出身。日本美術専門学校卒。シベリア抑留を経験。1957年光風会展に出品。1965年日展で「祭の夜」が特選となる。1967年「見世物芸人」で安井賞[1]。1981年多摩美術大学教授。1998年芸術選奨文部大臣賞受賞[1]。多摩美大美術館館長。2018年に心不全で死去[1]

作品集など刊行物[編集]

  • 『宮崎進画集 1953-1986』求竜堂、1986
  • 『宮崎進画集 私のシベリア 森と大地の記憶』文藝春秋、1998
  • 『宮崎進の仕事 Works of Shin Miyazaki 序章』生活の友社、2001
  • 『宮崎進の仕事 2』生活の友社、2003
  • 『宮崎進の仕事 3』生活の友社、2005
  • 『鳥のように シベリア記憶の大地』岩波書店、2007
  • 『旅芸人の手帖』岩波書店、2009
  • 『冬の旅 Winterreise』新潮社、2014 

展覧会[編集]

参考[編集]

脚注[編集]