中村哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 哲郎(なかむら てつろう、1942年11月23日[1] - )は、歌舞伎を中心とした演劇研究者、評論家[2]

人物[編集]

山梨県生まれ[3]山梨県立甲府第一高等学校[4]早稲田大学文学部に学び[5]郡司正勝に師事[3]。1967年開場の国立劇場に勤務[3]。1983年『西洋人の歌舞伎発見』で芸術選奨文部大臣新人賞[6][3]、2007年『歌舞伎の近代 作家と作品』で日本演劇学会河竹賞[7]・AICT演劇評論賞[8]、2012年『花とフォルムと 転換する時代の歌舞伎評論』で芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞[9]。2021年、『評話集 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想』で第72回読売文学賞を受賞[10]

著作[編集]

  • 『歌舞伎の幻』 前衛社、1970年9月9日、国立国会図書館書誌ID:000001278197。(三島由紀夫が序文と帯文を寄稿[11]
  • 『西洋人の歌舞伎発見』 劇書房、1982年4月20日、国立国会図書館書誌ID:000001554149
  • ジャパノロジストの眼』 三修社 1982年12月25日、ISBN 4-384-05005-4
  • 『歌舞伎の星座 現代花形俳優論』 新読書社、1985年7月5日、ISBN 4-7880-6001-9
  • 『天壇の西太后沖積舎、1989年10月、ISBN 4-8060-2489-9、戯曲[2]
  • 『歌舞伎の近代 作家と作品』 岩波書店、2006年6月29日、ISBN 4-00-022466-2
  • 『花とフォルムと 転換する時代の歌舞伎評論』 朝日新聞出版、2011年7月7日、ISBN 978-4-02-100150-5
  • 『評話集 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想』 中央公論新社、2020年7月9日、ISBN 978-4-12-005321-4。(本書に関する書評[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2016
  2. ^ a b シアター・クリティック・ナウ07「歌舞伎の近代と俳優の領分—AICT賞受賞式と記念シンポジウム—」のお知らせ”. 国際演劇評論家協会日本センター (2007年12月1日). 2020年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想 評話集”. e-hon. トーハン. 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ 『勘三郎の死』393p
  5. ^ ジャポノロジストの眼 中村哲郎”. Google書籍検索. Google. 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ 芸術選奨・文部科学大臣新人賞(文学関係)”. e-hon. トーハン. 2020年12月8日閲覧。
  7. ^ 日本演劇学会河竹賞”. 日本演劇学会. 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ AICT演劇評論賞”. 国際演劇評論家協会日本センター. 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ 特集「平成23年度(第62回) 芸術選奨」”. 文化庁. 2020年12月8日閲覧。
  10. ^ 第72回読売文学賞…受賞6氏と作品 : エンタメ・文化 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  11. ^ 企画展「三島由紀夫の眼差し」(同世代作家らへ)”. 隠し文学館 花ざかりの森. 2020年10月9日閲覧。
  12. ^ 渡辺保今週の本棚 渡辺保・評 『評話集 勘三郎の死 劇場群像と舞台回想』=中村哲郎・著」『毎日新聞』、2020年8月22日。2020年12月8日閲覧。