田草川弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田草川 弘(たそがわ ひろし 1934年1月28日 - )は、日本の作家・ジャーナリスト

来歴・人物[編集]

東京都出身。都立新宿高等学校を経て早稲田大学第一文学部英文科卒業後、NHK記者、AP通信記者、東海大学教授を歴任。現在はフリー・ジャーナリストで活動している。

放送ジャーナリストエドワード・R・マローの評伝を、著書『ニュースキャスター』と、翻訳『マロー・ボーイズ』を刊行している。

『黒澤明VS.ハリウッド 「トラ・トラ・トラ!」その謎のすべて』(文藝春秋)で、第28回講談社ノンフィクション賞、第33回大佛次郎賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞、第57回芸術選奨文部科学大臣賞を、各受賞した。また映画本大賞2006(キネマ旬報)で、ベストワンに選出された。

著書[編集]

  • 「放送時事英語 ヒューマン・イントレスト・ニュース」 谷枡樹共編著 南雲堂, 1966
  • 「ニュースキャスター エド・マローが報道した現代史」 中公新書, 1991
  • 「黒澤明vs.ハリウッド」 文藝春秋, 2006/文春文庫, 2010(解説:川本三郎

訳書[編集]

  • 「裸足の革命 自立をめざす第三世界の農民たち」 バートランド・シュナイダ、サイマル出版会, 1987
  • 「第一次地球革命 ローマクラブ・リポート」 アレキサンダー・キング、ベルトラン・シュナイダー、朝日新聞社, 1992
  • 「国際援助の限界 ローマクラブ・リポート」 ベルトラン・シュナイダー 日比野正明共訳、朝日新聞社, 1996
  • 「マロー・ボーイズ 放送ジャーナリストたちの栄光と屈辱」 スタンリー・クラウド、リン・オルソン.日本放送出版協会, 1999