藤原智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふじわら ともこ
藤原 智子
生年月日 (1932-04-25) 1932年4月25日
没年月日 (2018-06-19) 2018年6月19日(86歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画

藤原 智子(ふじわら ともこ、1932年4月25日 - 2018年6月19日)は、日本映画監督脚本家

経歴[編集]

東京都出身。東京大学文学部では美術史を専攻していた。1955年、同大学を卒業後、記録映画監督を志し新理研映画に入社、ニュース映画制作に携わる。その後日本映画新社に移籍し、1960年に「オランウータンの知恵」でデビュー。一時期、子育てで現場を離れるが、1980年、47歳の時に復帰し、以後も精力的に活動を続けた。

1980年代に製作した歌舞伎などの複数の短編記録映画に対して、文部大臣賞・芸術作品賞などを受賞している。

さっぽろ映画祭あいち国際女性映画祭などにゲストとして多数回出演している。

2018年6月19日特発性肺線維症のために生涯を閉じた[1]。86歳没。

作品リスト[編集]

  • オランウータンの知恵 (1960年)
    • 監督デビュー作
  • 歌舞伎の後見 (1992年)
  • 杉の子たちの50年 (1995年)
  • ルイズ その旅立ち (1998年)
  • 伝説の舞姫 崔承喜 -金梅子が追う民族の心- (2000年)
  • 夢は時を越えて -津田梅子が紡いだ絆- (2000年)
    • 津田塾大学の創始者・津田梅子の足跡を追った作品。
    • キネマ旬報文化映画部門第一位、第55回毎日映画コンクール記録映画文化映画賞、日本映画ペンクラブノンシアトリカル部門第一位ほか、多数受賞
  • ベアテの贈りもの (2004年)
  • シロタ家の20世紀 (2008年)

脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “映画監督 藤原智子さん死去”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年7月4日). https://www.sankei.com/life/news/180704/lif1807040044-n1.html 2018年7月4日閲覧。 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]