中村祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら しょうこ
中村 祥子
生誕 (1980-01-20) 1980年1月20日(37歳)
佐賀県佐賀市
出身校 日本の旗 野村理子バレエアカデミー
   田中千賀子バレエスタジオ
ドイツの旗 ジョン・クランコ・バレエ学校
職業 バレエダンサー
公式サイト Shoko Nakamura & Wieslaw Dudek

中村 祥子(なかむら しょうこ、1980年1月20日 - )は、佐賀県佐賀市出身のバレリーナ。身長174cm。2007年から2013年までベルリン国立バレエ団プリンシパル[注釈 1]を6年間務め、その後は2015年までハンガリー国立バレエ団のプリンシパル[注釈 2]を2年弱務めた。現在は日本のKバレエカンパニーにゲスト・プリンシパルとして所属する。

来歴[編集]

3姉妹の長女。1986年、6歳のとき、猫背を直すために佐賀市の野村理子にバレエを習い始める[2]。しかし父親の転勤のため1年足らずで福岡市へ移り住み、以後は田中千賀子に習うことになった[2]。1996年、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞[3]。同年秋から1998年までシュトゥットガルトにあるジョン・クランコ・バレエ学校に留学した。

1998年、シュトゥットガルト・バレエ団に入団するも、練習中に靱帯断裂の大怪我にみまわれ、日本へ帰国。同バレエ団の退団とリハビリ生活を余儀なくされる。

2000年、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。2001年にはルクセンブルク国際バレエコンクールで1位を受賞する。2002年、同バレエ団ソリストに昇格する。翌2003年、ヌレエフ版 『白鳥の湖』 で主役デビューした。

2006年にはヴラジーミル・マラーホフが芸術監督を務めるベルリン国立バレエ団へソリストとして移籍する。2007年9月にプリンシパルに昇格した。

2013年11月、7年間所属したベルリンを去ってハンガリー国立バレエ団へプリンシパルとして移籍。2015年春頃まで在籍していた。2015年7月にはミハイロフスキー・バレエに客演し、L・サラファーノフを相方に 『白鳥の湖』 の主役を踊った[4]

2015年秋からは熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーを活動の拠点としている。同団には2005年以降たびたび客演していた。

なお祥子の3歳年下[2]の妹である陽子もバレエダンサーであり、2000年代初頭に祥子とともにウィーン国立歌劇場バレエ団に所属していた[注釈 3]

ウィーン国立歌劇場バレエ団時代のレパートリー[編集]

ベルリン国立バレエ団におけるレパートリー[編集]

ハンガリー国立バレエ団におけるレパートリー[編集]

主な受賞歴[編集]

メディア出演[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正式には第1ソリスト (: Erste Solotänzerin)
  2. ^ 正式には第1ソリスト (: első magántáncosnő)[1]
  3. ^ マラーホフ振付 『仮面舞踏会』 の“春”役に姉妹で出演した記録が残っている[5]

出典[編集]

  1. ^ Shoko Nakamura, Magyar Állami Operaház
  2. ^ a b c 「スポットライト 中村祥子」 クララ 2004年12月号 〔第7巻第12号〕 、新書館、p.6
  3. ^ Shoko Nakamura, Prix de Lausanne
  4. ^ Последнее "Лебединое озеро" сезон, Ирина Березина
  5. ^ Ein Maskenball, 15. Januar 2002, Spielplanarchiv der Wiener Staatsoper

外部リンク[編集]

公式サイト

その他のサイト