中川善雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中川 善雄(なかがわ よしお、1974年8月9日 - )は、熊本県宇土郡三角町(現・宇城市)出身の元プロハンドボール選手・監督である。ポジションはフローター。180cm、79kg。

九州学院高でハンドボールを始め、中央大学在学中に世界学生選手権に出場。卒業後、三陽商会に入社。2001年に休部となったため、大崎電気へ移籍。プロ契約を結ぶ。

その後全日本に選ばれ国際大会でも活躍。2003年より主将を務め、2005年世界選手権にも出場した。2005年には海外での活動を検討するも断念。大崎OSOL主将、2008年の北京オリンピック・アジア予選(会場・豊田)に向けての全日本チームの主将を務めた。2009/2010年シーズンをもって、大崎オーソルを退団し、NPO法人シュータススポーツラボラトリの発起人・理事長を勤める。

2012年シーズンから、セントラル自動車を母体とするトヨタ自動車東日本(レガロッソ)の監督兼選手(背番号11番)として、日本リーグに復帰。

外部リンク[編集]