粕谷栄市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

粕谷 栄市(かすや えいいち、1934年11月9日 - )は、日本の詩人。不条理な寓話ショートショートの趣もある散文詩を専門とする書き手として知られる。

経歴[編集]

茨城県古河市生まれ。従兄に粒来哲蔵がいる[1]。実家は製茶業の二津屋。1956年早稲田大学商学部卒。在学中「早稲田詩人会」所属。1957年『ロシナンテ』に参加、石原吉郎を知る。1971年詩集『世界の構造』で第2回高見順賞受賞。1972年『歴程』同人。1995年高貝弘也江代充法橋太郎と『幽明』創刊。1989年詩集『悪霊』で第27回藤村記念歴程賞受賞。1999年詩集『化体』で第15回詩歌文学館賞受賞。2005年『鄙唄』『轉落』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2011年『遠い川』で第6回三好達治賞受賞。

著書[編集]

  • 『世界の構造』詩学社、1970年。
  • 『粕谷栄市詩集』思潮社現代詩文庫〉、1976年。
  • 『詩集 悪霊』思潮社、1989年。
  • 『鏡と街』思潮社、1992年。
  • 『化体』思潮社、1999年。
  • 『続・粕谷栄市詩集』思潮社〈現代史文庫〉、2003年。
  • 『轉落』思潮社 2004
  • 『鄙唄』書肆山田 2004
  • 『遠い川』思潮社、2010年。
  • 『瑞兆』思潮社、2013年。

脚注[編集]

  1. ^ 『粒来哲蔵詩集』「年譜」