宝井馬琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝井 馬琴(たからい ばきん)は、講談師の名跡寶井 馬琴とも表記。初代から六代目まで存在する。三代目までは東流斎。

初代 東流斎馬琴[編集]

本名:吉田 常吉、1801年享和元年) - 1857年10月6日安政4年8月19日)。

  • 前身は江戸神田版木屋の倅とも、備前の浪人とも。2代目森川馬谷の弟子。曲亭馬琴に因んでこの名を名付けた[1]。軍談を柔らかく演じ東京で女性に人気を取り晩年大坂に移り多くの弟子を育てた。文才が優れ博識であった。大坂で客死している。2代目は娘婿。
  • 墓所は東京都台東区鳥越二丁目信入院、戒名は釈教道居士。

2代目 東流斎馬琴[編集]

  • 初代東流斎馬琴の娘婿で高弟の弟子。最初は初代宝井琴調という。通称「琴調馬琴」。
  • 墓所は初代と同じ信入院。

3代目(この馬琴を代外する場合もある)[編集]

1827年文政8年) - 1869年明治2年)

  • 2代目東流斎馬琴に入門し調窓、初代西尾麟慶初代琴凌を経て3代目宝井馬琴を襲名。実子の長男が4代目宝井馬琴、次男が2代目西尾麟慶。死後に追与。

力士伝を得意とした。

4代目[編集]

本名:小金井 三次郎(こがねい さんじろう)、1852年2月4日嘉永5年12月26日) - 1928年昭和3年)12月27日。享年76。

  • 3代目は実の父。12歳で初高座。父死後初代西尾麟慶の門下で慶豊、小麟慶、調窓を経て1899年(明治32年)に父の名である2代目琴凌から襲名し真打。記憶力、知識で軍談・文芸物の名手で名物男、渾名(あだな)を「雪降りのチンコロ」。真打昇進間もない頃の様子を夏目漱石の「硝子戸の中」の中でもこの4代目馬琴のことが書かれている。また永井荷風も「いつも元気よく高座にてしゃべる事如何にも愉快さうに見え聞く人自ら愉快になる」と絶賛している。亡くなる1928年まで都新聞に239回にわたり「講談界昔話」のコラムを掲載。

5代目[編集]

五代目馬琴(1955年)

本名:大岩 喜三郎(おおいわ きさぶろう)、1903年(明治36年)11月9日 - 1985年(昭和60年)10月26日

若いときは2代目大島伯鶴の影響を受け同時期に活躍した講釈師5代目一龍斎貞丈は従兄弟に当たる。昭和二十年代には参院選に立候補し、1971年には皇居内で皇族方に口演した。独特の口調から「糞詰まり」という悪口があった。

6代目[編集]

6代目 宝井 馬琴(たからい ばきん、1935年(昭和10年)9月13日 - 2015年平成27年)9月25日[2])は、日本の講談師。静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。本名 山梨務。

1959年明治大学文学部を卒業、学生時代にはラジオ東京の「しろうと寄席」に出演経験がある、5代目宝井馬琴に入門。3代目琴調を名乗る。1966年、真打に昇進し、4代目琴鶴に改名。1976年1984年文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。1987年、6代目宝井馬琴を襲名。1988年浅草芸能大賞奨励賞を受賞。1991年文化庁芸術祭賞受賞。1998年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1999年紫綬褒章を受章。また、2006年から10年まで講談協会会長などの要職を歴任した。

「埼玉英傑伝」「いま甦る名将のはなし」などの著書もある。ゲーム「ジャンピングフラッシュ!」のナレーションも担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東流斎馬琴(初代)”. 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収). 2017年7月26日閲覧。
  2. ^ 講談師の宝井馬琴さん死去 「修羅場読み」で人気 朝日新聞 2015年10月8日閲覧

外部リンク[編集]