宝井琴調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝井 琴調(たからい きんちょう)は、講談師名跡寶井 琴調とも表記。当代は4代目である。本項にて詳述する。

初代[編集]

後の2代目東流斎馬琴

2代目[編集]

4代目宝井馬琴の門下と思われる。

3代目[編集]

後の6代目宝井馬琴

4代目[編集]

4代目 宝井 琴調たからい きんちょう
本名 古内僚二
(ふるうち りょうじ)
生年月日 (1955-05-28) 1955年5月28日(64歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県熊本市
師匠 五代目宝井馬琴
名跡 1. 宝井琴僚(1974年 - 1985年)
2. 宝井琴童(1985年 - 1987年)
3. 宝井琴調(1987年 - )
活動期間 1974年 -
活動内容 講談

当代(本名:古内 僚二(ふるうち りょうじ)、1955年(昭和30年)5月28日 - )。熊本県熊本市出身。

講談協会・落語協会に所属し、落語の定席興行にも出演している。落語愛好家にもファンが多い。

1989年(平成元年)から10年にかけて「自転車 出前講談」と題し、北海道各地をまわる。

2011年(平成23年)から年末(12月21-27日、26日を除く)に「暮れの鈴本 琴調六夜」として上野鈴本演芸場の主任を務める。落語定席で講釈師が主任を務めるのは異例のことである。各公演のテーマは以下の通り。

  • 2011年(平成23年):赤穂義士
  • 2012年(平成24年):戦国武将伝
  • 2013年(平成25年):侠客伝
  • 2014年(平成26年):没後三十年追慕 五代目寶井馬琴十八番集
  • 2015年(平成27年):天保六花撰
  • 2016年(平成28年):大岡名裁き
  • 2017年(平成29年):明日こそとひとり雪見の酒をほす

2012年(平成24年)から「封印切りの会」を定期的に行い、ネタおろしをしている。2012年5月の初回から2017年6月までの12回は、天保六花撰(全12段)を手掛けた。

浅田次郎宮部みゆき重松清など作家の許諾を受け、現代小説を講談にして演じたこともある。

略歴[編集]

  • 1974年(昭和49年)2月 - 18歳で上京し5代目 宝井馬琴に入門。前座名は「琴僚(きんりょう)」。
  • 1985年(昭和60年)4月 - 講談協会真打昇進、「琴童(きんどう)」と改名する。
  • 1987年(昭和62年)1月 - 4代目琴調を襲名。

音源[編集]

CD[編集]

  • 講談かぶら矢会五十回記念CDボックス 「徂徠豆腐」「赤垣源蔵 徳利の別れ」を収録

amazon デジタルミュージック(音声データ販売)[編集]

  • 「義士銘々伝「安兵衛婿入り」」
  • 「徂徠豆腐」
  • 「浅妻船」
  • 「寛永三馬術 曲垣平九郎 愛宕山梅花の誉れ」
  • 「名月若松城」
  • 「ボロ忠売出し」
  • 「肉付きの面」
  • 「宇喜多秀家」
  • 「中村仲蔵」
  • 「浜野矩随」
  • 「夜もすがら検校」
  • 「鋳掛け松」
  • 「小政の生い立ち」
  • 「森の石松 閻魔堂」
  • 「祐天吉松 飛鳥山 親子の出会い」

ラジオデイズ(音声データ販売)[編集]

amazon デジタルミュージックと同内容

YouTube[編集]

「封印切の会」席亭のYouTubeチャンネルで、音源が公開されている。

出演[編集]

  • 国立劇場 歌舞伎座公演 中村吉衛門「松浦の太鼓」に出演し、講談を一席披露した。
  • 平成18年12月氷川きよしクリスマスコンサート出演(DVD「氷川きよしコンサート Vol.6」収録)。

映画[編集]

  • 真梨邑ケイ監督 映画「マーメイド 〜海から来た少女〜」(2001年)
  • 三木聡監督 映画「イン・ザ・プール」(2005年) 3秒出演

ナレーション[編集]

  • DVDブック ダジャ単ライブ〈Vol.1〉ダジャレ動画で憶える!英単語(エコール・サセム)

著書[編集]

絵本[編集]

  • 「講談えほん 三方一両損」(2016年、福音館書店)
  • 「講談えほん 子どもつなひき騒動」(2017年、福音館書店)

インタビュー[編集]

  • 秋山真志著「現代寄席人物伝 寄席の人たち」(2007年、集英社)

監修[編集]

  • 大研究 落語と講談の図鑑 (伝えよう!日本の伝統芸能) (2016年、国土社編集部)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]