工藤甲人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 甲人(くどう こうじん、本名:工藤 儀助(くどう ぎすけ)、1915年7月30日 - 2011年7月29日[1][2])は、日本の画家日本画家創画会会員。東京芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授。

人物[編集]

青森県弘前市出身。川端画学校日本画科を卒業後、福田豊四郎に師事した。

自然の昆虫や小動物、植物の葉などを繊細な描線で描き、その周りを群青などの単色の岩絵具で色面を大きく取り、装飾的に感じるような構図が特徴とされる。

東京芸術大学沖縄県立芸術大学で教鞭を執り、後進の育成にも当たっていた。

2002年には、神奈川県庁に飾られていた工藤の作品が盗難の被害に遭ったこともある。

2011年7月29日、老衰のため神奈川県平塚市で[2]死去。95歳没[1]

賞詞[編集]

代表的な作品[編集]

  • 『示現』 紙本・彩色・額(1面)116.5×79.9cm 1976年 など。

主な作品収蔵先[編集]

など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “訃報:工藤甲人さん95歳=日本画に新境地、毎日芸術賞”. 毎日新聞. (2011年7月30日). http://mainichi.jp/enta/art/news/20110731k0000m040053000c.html 2011年7月31日閲覧。 
  2. ^ a b “日本画家の工藤甲人さんが死去 幻想的な作風”. 47NEWS (共同通信社). (2011年7月30日). http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011073001000773.html 2011年7月31日閲覧。 

関連項目[編集]