石元泰博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石元泰博
生誕 (1921-06-14) 1921年6月14日
アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没 2012年2月6日(2012-02-06)(90歳)
日本の旗 東京都
国籍 日本の旗 日本

石元 泰博(いしもと やすひろ、1921年6月14日 - 2012年2月6日)は、日本写真家

人物[編集]

アメリカ合衆国サンフランシスコ生まれ[1][2]。3歳のときに、両親の故郷である高知県高岡町(現・土佐市)に移り住む[1][2]1939年高知農業学校を卒業後に再渡米し、カリフォルニア大学農業スクールで農業を学ぶ[1][2]第二次世界大戦中1942年から1944年まで、日系人の強制収容によりコロラド州南東部のアマチ収容所に収容され、この期間に写真に興味を持つようになる[2]。1944年、沿岸の州への居住禁止を条件を条件に解放され、シカゴに移住する[2]ノースウェスタン大学建築科から転じて、シカゴ・インスティテュート・オブ・デザインで写真を学び、1952年に卒業[2]。在学中にモホリ・ナギ賞を2回受賞している[1]

1953年に再来日[1]ニューヨーク近代美術館建築部長のアーサー・ドレクスラー、建築家の吉村順三らとともに日本の伝統建築を調査し、1954年には1ヶ月にわたって桂離宮の撮影を行う[1]1957年、「日本のかたち」「桂離宮」で第1回日本写真批評家協会作家賞を受賞[2]1966年東京造形大学教授[2]1969年、日本国籍を取得[2]1978年、「伝真言院両界曼荼羅」で芸術選奨文部大臣賞、日本写真協会年度賞、世界書籍展の「世界で最も美 しい本」金賞を受賞[1]1996年文化功労者[2]

日本的情緒を排除した作風で、迫真力、透徹した凝視力、骨太の造形的把握の逞しさが特徴。

2012年2月6日に東京都の病院で死去[3][1]。90歳没。1月下旬から肺炎と脳梗塞で入院、治療中だった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 石元泰博略年譜 石元泰博フォトセンター 2018年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 石元泰博 東京文化財研究所 2018年8月22日閲覧。
  3. ^ 訃報:石元泰博さん死去90歳…写真家、斬新な構図で脚光 毎日新聞 2012年2月6日閲覧
  4. ^ 写真家で文化功労者…石元泰博さん死去”. スポニチアネックス (2012年2月6日). 2012年2月6日閲覧。

関連文献[編集]

  • 『石元泰博 日本の写真家26』(岩波書店、1997年)