上林暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
代表作の舞台となった聖ヨハネ病院にて(1953年)

上林 暁(かんばやし あかつき、1902年(明治35年)10月6日 - 1980年(昭和55年)8月28日)は、日本小説家である。高知県西部の幡多郡出身。本名は、徳廣巌城(とくひろ いわき)。

来歴・人物[編集]

高知県幡多郡田ノ口村下田ノ口(現在は幾多の町村合併を経て黒潮町)に生まれた。

高知県立三中(現高知県立中村高等学校)の時代には、雑誌『文章世界』に影響を受け、友人らと語らって回覧雑誌『かきせ』を発行し、この頃に小説家になる希望を持った。また、芥川龍之介に傾倒する。

1921年(大正10年)に熊本第五高等学校文科甲類に入学。入学した年に校友会雑誌『龍南』の懸賞創作に応募した『岐阜提燈』が三等に入選。翌年には雑誌部委員となる。1922年(大正11年)に高等学校の寮を出て、熊本市上林(かんばやし)町75の森山方に下宿、「上林」の筆名は、このときに住んだ地名に由来する。

東京帝国大学文学部英文科に進学し、1927年(昭和2年)に卒業後は改造社に入社。『現代日本文学全集』の校正や雑誌編集に従う傍ら、同人雑誌『風車』を刊行し、同誌に『渋柿を囓る少年又は飯を盗む少年』『凡人凡日』『夕暮の会話』を発表する。改造社では従業員の執筆活動を禁止していたため、「上林暁」の筆名を用いた。

1932年(昭和7年)8月、『薔薇盗人』が川端康成に、「云ひたいことを実によく裏に押しこめながら、反つてよく貧苦を浮ばせ、目に見えぬものを追ふかのやうな少年の感情を生かしたことは、生活を見てゐる眼の誠実の手柄である」と激賞され注目されたが[1]1938年(昭和13年)の『安住の家』により、ようやくその作風を確立した。1939年(昭和14年)に妻の繁子が精神病を発病して、1946年(昭和21年)に亡くなるまでの間、『聖ヨハネ病院にて』などの“病妻もの”を書き、広く読者に迎えられた。

1962年(昭和37年)、二度目の脳出血で半身不随となったが、妹・睦子の献身的な介護と口述筆記により『白い屋形船』以下の小説を書きついだ。

尾崎一雄と並び戦後期を代表する私小説(心境小説)の作家である。生活上の不遇を背景としつつも、それに負けない向日性をストイックで端正な文体が支える。また、話し言葉がリードし独特のリズムをもつ尾崎の文章を“音楽的”と評するならば、一種幻想的とも言える色彩感覚をもつ上林の文章は“絵画的”と評することができるだろう。上林と交際していた作家の伊藤整は、「上林君などの私小説家の生き方から最もよく日本文学を学んだ」と書いている[2]

代表作は、『薔薇盗人』『聖ヨハネ病院にて』『春の坂』『白い屋形船』『ブロンズの首』など。

1969年日本芸術院会員。

作品リスト[編集]

すべて短編小説(上林には中編・長編小説が1作もない)

著書[編集]

  • 『薔薇盗人 小説集』金星堂 1933
  • 『田園通信』作品社 1938
  • 『悲歌』桃蹊書房 1941
  • 『流寓記』博文館 1942
  • 『小説を書きながらの感想』文林堂双魚房 1942
  • 『明月記』非凡閣 1943
  • 『不斷の花』地平社 1944
  • 『機部屋三昧』地平社 國民社(發賣) 1944
  • 『夏暦』筑摩書房 1945
  • 『閉関記』桃源社 1946
  • 『晩春日記』桜井書店 1946
  • 『嬬戀ひ』非凡閣 1947
  • 『紅い花』三島書房 1947
  • 『文學の歡びと苦しみについて 上林曉感想評論集』圭文社 1947
  • 『病妻物語』小山書店 1948
  • 『死者の声』実業之日本社 1948
  • 『聖ヨハネ病院にて』新潮文庫 1949
  • 『開運の願』改造社 1949
  • 『聖書とアドルム(自選作品集)』目黒書店 1951
  • 『姫鏡台』池田書店 1953 
  • 『聖ヨハネ病院にて―病妻物語全篇―』角川文庫 1955
  • 『入社試験 小説集』河出新書 1955
  • 『珍客名簿』山田書店 1955
  • 『過ぎゆきの歌』大日本雄弁会講談社 1957
  • 『春の坂』筑摩書房 1958
  • 『文と本と旅と』五月書房 1959
  • 『諷詠詩人』新潮社 1963
  • 『白い屋形船』講談社 1964  
  • 上林暁全集』全15巻 筑摩書房 1966-1967
  • 『草餅』筑摩書房 1969
  • 『ジョン・クレアの詩集』筑摩書房 1970
  • 『朱色の卵』筑摩書房 1972
  • 『ばあやん』講談社 1973
  • 『随筆集 幸徳秋水の甥』新潮社 1975
  • 『極楽寺門前』筑摩書房 1976
  • 『木の葉髪 上林暁句集』永田書房 1976
  • 『半ドンの記憶』集英社 1981
  • 上林暁全集 増補版』全19巻 筑摩書房 1977-80、増補改訂版2000-2001
  • 『白い屋形船・ブロンズの首』講談社文芸文庫 1990
  • 『禁酒宣言-上林暁・酒場小説集』坪内祐三編、ちくま文庫 1999
  • 『聖ヨハネ病院にて・大懺悔』講談社文芸文庫 2010 
  • 『上林曉傑作小説集『星を撒いた街』』夏葉社 2011
  • 『上林曉傑作随筆集『故郷の本箱』』夏葉社 2012
  • 『ツェッペリン飛行船と黙想』幻戯書房 2012

共編著[編集]

  • 『日本の風土記 武蔵野』(編) 宝文館 1958
  • 『高知』(編) 泰光堂 (ふるさとを訪ねて 少年少女文学風土記) 1959
  • 『土佐 我がふるさとの・・・』武林敬吉共著 中外書房 1959
  • 宇野浩二回想』川崎長太郎渋川驍共編 中央公論社 1963

文学全集[編集]

  • 瀧井孝作 尾崎一雄 外村繁 上林暁集 筑摩書房 (現代日本文学全集) 1955
  • 上林暁集 筑摩書房 (新選現代日本文学全集) 1959
  • 上林暁 外村繁 角川書店 (角川版昭和文学全集) 1962
  • 瀧井孝作・尾崎一雄・上林暁集 河盛好蔵編 新潮社 (日本文學全集) 1963
  • 上林暁・外村繁・川崎長太郎集 講談社 (日本現代文學全集) 1965
  • 瀧井孝作・尾崎一雄・上林暁集 筑摩書房 (現代文学大系) 1965
  • 上林暁・木山捷平集 集英社 (日本文学全集) 1969、新版1982
  • 尾崎一雄・上林暁・永井竜男 河出書房新社 (日本文学全集) 1969
  • 尾崎一雄 外村繁 上林暁 中央公論社 (日本の文学)1969、新版1979
  • 井伏鱒二・上林曉集 筑摩書房 (現代日本文學大系) 1970
  • 上林曉集 筑摩書房 (現代日本文学7) 1980
  • 上林暁 〈高知県昭和期小説名作集7〉高知新聞社 1995

回想・伝記研究[編集]

  • 徳廣睦子 『兄の左手』 筑摩書房 1982
    • 『手織りの着物』 筑摩書房 1986 
  • 関口良雄編 『上林暁文学書目』 山王書房 1963 和装本
  • サワダオサム(沢田治) 『わが上林暁 上林暁との対話』 京都:三月書房(発売、私家版) 2008
  • 『上林暁研究』 創刊号~第14号 園田学園女子大学、吉村シゲル研究室編
  • 『国文学 解釈と鑑賞 特集小田嶽夫・上林暁・木山捷平』 1999年4月号、至文堂

映画化作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川端康成「文芸時評 新人の作品」(読売新聞 1932年8月4日号に掲載)
  2. ^ 伊藤整 『我が文学生活 I』 講談社、1954年、240p。

外部リンク[編集]