川俣正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川俣正
Tadashi Kawamata.jpg
生誕 (1953-07-24) 1953年7月24日(64歳)
北海道三笠市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京藝術大学大学院博士後期課程満期退学
著名な実績 現代美術
公式サイト www.tadashikawamata.com

川俣 正(かわまた ただし、1953年7月24日[1] - )は、北海道三笠市出身の芸術家、造形作家。作品は日本のみならず、世界各国で展開されている。

作品制作スタイルについては、ワーク・イン・プログレスと呼ばれるプロジェクトを組み、現地で制作されることが特徴。国内でのワーク・イン・プログレス例としてはコールマイン田川(福岡県田川市)、ワーク・イン・プログレス豊田(愛知県豊田市美術館)、直島スタンダード2越後妻有トリエンナーレ等がある。東京藝術大学教授などを経て、現在、フランス国立高等美術学校教授。

クリエイティブオフィスキュー所属のパーソナリティ・北川久仁子は従妹[2]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.477
  2. ^ 2005年10月16日 10:28 ゲージュツカにはなれない、、、。
  3. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]