武田恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 恒夫(たけだ つねお、1925年大正14年〉12月5日 - 2021年令和3年〉9月4日)は、日本の美術史家。大阪大学名誉教授大手前大学名誉教授。専門は日本絵画史。京都府生まれ。

学歴[編集]

経歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

記念論文集[編集]

  • 『美術史の断面─武田恒夫先生古稀記念会』清文堂出版 1995

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “武田恒夫” (日本語). コトバンク. 2021年9月8日閲覧。
  2. ^ a b c “武田恒夫氏死去 美術史家”. 熊本日日新聞社. (2021年9月7日). https://kumanichi.com/articles/385934 2021年9月7日閲覧。 
  3. ^ “武田恒夫氏が死去 美術史家”. 日本経済新聞社. 共同通信社. (2021年9月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF072MT0X00C21A9000000/ 2021年9月8日閲覧。 
  4. ^ 『官報』第598号9頁 令和3年9月19日号