松永伍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松永 伍一(まつなが ごいち、1930年4月22日 - 2008年3月3日)は、詩人・評論家・作家。

来歴・人物[編集]

福岡県大木町出身。八女高校卒。

1955年に詩集を刊行したが、評論を数多く上梓、「日本農民詩史」で1970年毎日出版文化賞特別賞を受賞した。

農民のほか、切支丹、落人など敗者、弱者への共感を叙情的に歌い上げる作風で知られる。児童文学、美術関係の評論、いわさきちひろの画集編纂、五木寛之との対談、小説など多岐にわたる著述を残した。

『一揆論』は何度も復刊された。著作集全6巻はその中途里程に過ぎない。また、子守唄研究の第一人者としても知られ、子守唄に関する著書も多い。

2008年3月3日、心不全のため死去。77歳没。

著書[編集]

  • 草の城壁 詩集 母音社 1955
  • くまそ唄 詩集 国文社 1959
  • 陽気な農民たち 未來社 1962
  • 日本の子守唄 民俗学的アプローチ 紀伊国屋新書 1964 のち角川文庫
  • 日本人の愛の唄 新興出版社 1964
  • 望郷の詩 大和書房 1964
  • 落人 人物往来社 1965
  • 日本のナショナリズム 九州山脈にその源流を探る 大和書房 1965
  • 底辺の美学 民衆の創造的エネルギーとその矛盾 大和書房 1966
  • 若い手紙 新興出版社 1966
  • 日本農民詩史 全5巻 法政大学出版局 1967-70
  • 荘厳なる詩祭 死を賭けた青春の群像 徳間書店 1967
  • ひこ山のおに さ・え・ら書房 1970
  • うたの思想 定本 唄の救い・歌への挑戦 新人物往来社 1970
  • 土着の仮面劇 田畑書店 1970
  • 土塊のうた 新潮社 1970
  • 一揆論 情念の叛乱と回路 大和書房 1971 のち講談社文庫
  • 原初の闇へ 春秋社 1971
  • 有明海 私の抒情空間 木耳社 1971
  • 小さな修羅 大和書房 1972
  • 松永伍一著作集 全6巻 法政大学出版局 1972-75
  • 平家伝説 中公新書 1973
  • 絶望の天使たち 芸術生活社 1974
  • 高原の翳り 日本交通公社出版事業局 1974
  • 純白の逆説 あるいは花の呪詞 花曜社 1974
  • 農民詩紀行 昭和史に刻む情念と行動 日本放送出版協会・NHKブックス 1974
  • ふるさと考 講談社現代新書 1975
  • 鮮烈な黄昏 大和書房 1975
  • 割礼 詩集 国文社 1976
  • 子守唄の人生 中公新書 1976
  • 土俗の構図 河出書房新社 1977
  • 私のフィレンツェ 講談社文庫 1977
  • 悪魔と美少年 旺文社文庫 1977
  • 松永伍一対談集 家の光協会 1978
  • 天正の虹 講談社 1978
  • にっぽん母物語 冬樹社 1978
  • 水に聴く 花曜社 1978
  • 旅のロマネスク 朝日新聞社 1979
  • 青木繁 その愛と放浪 日本放送出版協会・NHKブックス 1979
  • 日付のない暦 弥生書房 1979
  • 北原白秋 その青春と風土 日本放送出版協会・NHKブックス 1981
  • 油屋のジョン 少年詩集 理論社 1981
  • 夢をポケットにいれて 詩集 花曜社 1981
  • 聖性の鏡 イコン紀行 平凡社 1981
  • 供華の旅 文化出版局 1982
  • 少年 良太の橋 理論社 1982
  • 落人伝説の里 角川選書 1982
  • 少女伝説 短歌 朱韻館 1982
  • 聖茎伝説 短歌 朱韻館 1982
  • 松永伍一詩集 土曜美術社 1983
  • 母たちの肖像 潮出版社 1984
  • ペトロ岐部 追放・潜入・殉教の道 中公新書 1984
  • 旅びと ペトロ岐部の一生 偕成社 1984
  • 生きること書くこと(わが青春譜) 佼成出版社 1984
  • 縄文杉の夢 ぽえじい日本紀行 八重岳書房 1985
  • 有縁のきずな 佼成出版社 1985
  • いのちの共鳴り 佼成出版社 1985
  • 実朝游魂 中央公論社 1985
  • 星の降る国へ 佼成出版社 1985
  • 火の十字架 ぽえじい日本紀行 2 八重岳書房 1985
  • まぼろしの天使 天草四郎 偕成社 1986
  • 虹いろの馬車 伊東マンショと少年寒吉の物語 偕成社 1987
  • 川上音二郎 近代劇・破天荒な夜明け 朝日選書 1988
  • 聖地紀行 角川選書 1988
  • 松永伍一全景 大和書房 1988
  • 魔法のバテレン 金鍔次兵衛物語 偕成社, 1989
  • 西行幻想 佼成出版社 1989
  • デッサンを読む 美術世界 1989
  • いのちの句読点 アートダイジェスト 1989
  • 蝶は還らず プリマ・ドンナ喜波貞子を追って 毎日新聞社 1990
  • マザー ファラオ企画 1991
  • 信濃の聖西仏謎の生涯 信濃毎日新聞社 1991
  • 遥かなるローマ 少年使節の旅 女子パウロ会 1992
  • 花明りの路 三月書房 1993
  • 散歩学のすすめ 講談社 1993
  • 日本人の別れ 講談社 1994
  • 光の誘惑 わが聖地行 紀伊国屋書店 1994
  • 夢時計 アートダイジェスト 1995
  • 老いを光らせるために 大和書房 1996
  • 風の神話 詩画集 不忍画廊 1996
  • お元気ですか ファラオ企画 1997
  • 語りの贅沢 対談集 三月書房 1997
  • ローマン・グラス 京都書院 1997
  • フィレンツェからの手紙 丸善ライブラリー 1998
  • 老いの品格 大和書房 1998
  • ヴェネツィアー水都逍遥 京都書院 1998
  • 鳥の夢 玲風書房 1998
  • 金の人生銀の人生 毎日がいきいきと楽しくなる 祥伝社 2000
  • 快老のスタイル 大和書房 2000
  • 感動の瞬間 ひとはそこから歩きはじめる 大和書房 2001
  • モンマルトルの枯葉 名画にまつわる三十一の短編小説 アートヴィレッジ 2001
  • 縁ありて人生たのし 私が光をもらった人びと ウェッジ 2002
  • 懐かしい日本語 読むほどに味が出る40の言葉 大和書房 2002
  • 随筆玉手箱 三月書房 2003
  • 人は言葉に癒され、言葉に励まされる PHP研究所 2006
  • 讃歌 美に殉じた人びとへ 玲風書房 2006
  • 老いの美徳 美に殉じた人びとへ 大和書房 2007

編纂・共著[編集]

  • 近代民衆の記録 1 農民(編) 新人物往来社 1972
  • 肉の鏡 詩画集、大島哲以共著 花曜社 1974
  • 講座農を生きる 5 歴史をふまえて 主体性と農民(編)三一書房 1975
    • 紀行対談 日本への逆回帰 五木寛之
  • 1 帰りなんいざ… 講談社 1975
  • 2 故郷まとめて… 講談社 1977 「日本幻想紀行」講談社文庫
  • 風よついて来い 対談集 米倉斉加年 小学館 1983