松村昌家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松村 昌家(まつむら まさいえ、1929年11月21日 - 2019年9月9日)は、日本の英文学者、比較文学者。大手前大学名誉教授

人物[編集]

1953年、大阪外国語大学英語科卒、1957年、大阪市立大学英文科大学院修士課程修了、1960年、天理大学講師、1965年、同志社大学講師、のち助教授、教授、1972年、神戸女学院大学教授、1985年、甲南大学教授、1996年、大手前大学教授。2007年、退職し名誉教授。

チャールズ・ディケンズなどヴィクトリア朝文学と社会を主として研究。日本比較文学会会員。

日本ヴィクトリア朝文化研究学会の初代会長

著書[編集]

  • ディケンズとロンドン』研究社出版 1981(PDF版
  • 『明治文学とヴィクトリア時代』山口書店 1981
  • 水晶宮物語 ロンドン万国博覧会1851』リブロポート 1986 のちちくま学芸文庫
  • 『ディケンズの小説とその時代』研究社出版 1989
  • 『ヴィクトリア朝の文学と絵画』世界思想社 1993
  • 『十九世紀ロンドン生活の光と影 リージェンシーからディケンズの時代へ』世界思想社 2003
  • 『文豪たちの情と性へのまなざし 逍遥漱石谷崎と英文学』ミネルヴァ書房 2011
  • 『ヴィクトリア朝文化の世代風景 ディケンズからの展望』英宝社 2012
  • 『大英帝国博覧会の歴史 ロンドン・マンチェスター二都物語』ミネルヴァ書房 2014 

共編著[編集]

  • 『文学における悪』藤田実 南雲堂 1981
  • 『ヴィクトリア朝小説のヒロインたち 愛と自我』 創元社 1988
  • 『日本文学と外国文学 入門比較文学』中西進 英宝社 1990
  • 『ヴィクトリア朝小説における父と子』 英宝社 1991
  • 『子どものイメージ 十九世紀英米文学に見る子どもたち』 英宝社 1992
  • 『『パンチ』素描集 19世紀のロンドン』 岩波文庫 1994
複数のページでミスがあり、増刷の際に訂正が行われているが、ページの活字が異なるために目立ってしまっている。
  1. 32p:「アルフレッド王子」が「エドワード王子」に訂正されている
  2. 98p:en:Sydenham Hill の日本語表記「シデナム」が「シドナム」に変えられている
  3. 242p:「ジョン・ギルレイ」が「ジェイムズ・ギルレイ」に訂正されている[1]

翻訳[編集]

  • H.J.ブラッカム『ヒューマニストの役割』創元社 1973
  • U.ヴァイスシュタイン『比較文学と文学理論』ミネルヴァ書房 1977
  • アンガス・ウィルソン『ディケンズの世界』英宝社 1979
  • ジューリア・プルウィット・ブラウン『十九世紀イギリスの小説と社会事情』英宝社 1987
  • バートン・パイク『近代文学と都市』研究社出版 1987
  • チャールズ・ディケンズ『クリスマス・ブックス』小池滋共訳 ちくま文庫 1991
  • ナイジェル・クロス『大英帝国の三文作家たち』内田憲男共訳 研究社出版 1992
  • V.T.J.アークル『イギリスの社会と文化200年の歩み』英宝社 2002
  • G.M.ヤング『ある時代の肖像 ヴィクトリア朝イングランド』村岡健次共訳 ミネルヴァ書房 2006

脚注[編集]

  1. ^ 『『パンチ』素描集 19世紀のロンドン岩波文庫 青563-1 ISBN 4003356314、三箇所とも、訂正前は1994年5月6日発行の第5刷で、訂正後は2009年2月16日発行の第9刷で確認。