石本正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石本 正(いしもと しょう(本名読み:ただし)、1920年7月3日 - 2015年9月26日[1])は、日本画家創画会会員、京都市立芸術大学名誉教授、京都造形芸術大学教授。

経歴[編集]

島根県那賀郡岡見村(現浜田市三隅町)出身。島根県立浜田中学(現:島根県立浜田高等学校)卒業。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に入学したが在学中に徴兵され中国に渡る。復員後、人物や風景を描く。1944年(昭和19年)9月、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科卒業。1947年(昭和22年)第3回日展で「三人の少女」が初入選。1950年(昭和25年)より創造美術新制作展に出品し、1951年(昭和26年)「旅へのいざない」など四度新作家賞を受賞。1956年(昭和31年)新制作協会会員。1970年(昭和45年)京都市立芸術大学教授となる。1971年(昭和46年)日本芸術大賞芸術選奨文部大臣賞受賞。1974年(昭和49年)創画会会員。2015年(平成27年)9月26日午前11時58分、不整脈による心停止のため自宅で死去した。95歳。

代表作[編集]

  • 「三人の少女」

外部リンク[編集]

  • 石正美術館-郷里の浜田市三隅町に開館中。本館でしか鑑賞できない作品多数所蔵
  • 石本正 - 京都市立芸術大学芸術資料館

脚注[編集]