五十殿利治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五十殿 利治(おむか としはる、1951年 - )は、日本美術史学者、筑波大学人間総合科学研究科教授・研究科長。研究分野は、芸術学・近代美術史(中心は20世紀初頭)。なかでも特にロシア・アヴァンギャルド大正期新興美術運動が専門。

東京都生まれ。1975年早稲田大学第一文学部美術史学科卒業、1978年同大学文学研究科芸術学博士後期課程中退。北海道立近代美術館学芸員。1985年筑波大学専任講師、1992年助教授、2002年教授。

著作・翻訳書を多く刊行するほか、展覧会企画にも関わる。

企画にかかわった展覧会企画[編集]

著書[編集]

  • 大正期新興美術運動の研究(スカイドア、1995年)
  • 日本のアヴァンギャルド芸術 <マヴォ>とその時代(青土社、2001年)

共編著[編集]

  • ロシア・アヴァンギャルド4 コンストルクツィア 構成主義の展開 土肥美夫共編 国書刊行会、1991年)
  • シュールレアリスムの美術と批評 本の友社、2001年7月
  • モダニズム/ナショナリズム(水沢勉共編、せりか書房、2003年)
  • クラシック モダン 1930年代日本の芸術(河田明久共編、せりか書房、2004年)
  • 観衆の成立 美術展・美術雑誌・美術史 東京大学出版会、2008年5月
  • 板垣鷹穂 クラシックとモダン 森話社、2010年 

訳書[編集]

  • ロシア・アヴァンギャルド 1910-1930(ステファニー・バロン、モーリス・タックマン編、リブロポート(アール・ヴィヴァン選書)、1982年)
  • 無対象の世界<バウハウス叢書11>(中央公論美術出版、1992年)
  • マレーヴィチ画集(ジャン=クロード・マルカデ解説、リブロポート、1994年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]