アキコ・カンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アキコ・カンダ(本名:神田 正子(かんだ まさこ)、1935年10月24日 - 2011年9月23日[1])は、埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身の舞踊家、ダンサー、振付家

略歴[編集]

7歳からダンスを始め石井小浪に師事。日本女子大学在学中の1956年にニューヨークマーサ・グレアム舞踊学校に入学、9カ月後カンパニー・メンバーに昇格し、同舞踊団で活躍し1962年に日本へ帰国した。

1985年には羽田澄子監督による映画『AKIKO-あるダンサーの肖像-』が制作され第1回東京国際映画祭カネボウ女性映画週間参加作品として上映されている[2]

2006年には宝塚音楽学校講師45周年記念の公演が行われ安奈淳峰さを理和涼華などと競演した[3]

2011年9月23日、肺炎のため東京都目黒区の病院で死去。75歳没[1]。肺がんの治療を行いながら、同年9月11日まで舞台を務めていた[4]

息子は作家の榊邦彦[5]

主な受賞歴[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]