木下直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木下 直之(きのした なおゆき、1954年昭和29年) - )は、美術史家東京大学教授(文学部思想文化学科および大学院人文社会系研究科文化資源学専攻)。専門は、博物館学日本美術史、写真史、見世物史。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『美術という見世物-油絵茶屋の時代』(平凡社、1993年)
  • 『写真画論-写真と絵画の結婚』(岩波書店、1996年)
  • 『博士の肖像』(東京大学出版会、1998年)
  • 『ハリボテの町』(朝日新聞社、1996年、前半部のみ朝日文庫、1999年)
  • 『世の途中から隠されていること-近代日本の記憶』(晶文社、2002年)
  • 『わたしの城下町』(筑摩書房、2007年)
  • 『股間若衆 男の裸は芸術か』(新潮社、2012年) 
  • 『戦争という見世物 日清戦争祝捷大会潜入記』(ミネルヴァ書房〈叢書・知を究める〉、2013年)
  • 『銅像時代 もうひとつの日本彫刻史』(岩波書店、2014年) 
  • 『近くても遠い場所 一八五〇年から二〇〇〇年のニッポンへ』晶文社 2016
  • 『せいきの大問題 新股間若衆』新潮社 2017

編著[編集]

  • 『日本の写真家』(全40巻・別巻1)(飯沢耕太郎長野重一共編)(岩波書店、1998年-2000年)
  • 『見世物はおもしろい』(川添裕橋爪紳也共編)(平凡社、2003年)
  • 『講座日本美術史6 美術を支えるもの』(東京大学出版会、2005年)
  • 『死生学4 死と死後をめぐるイメージと文化』(小佐野重利共編)(東京大学出版会、2008年)
  • 『芸術の生まれる場』(編著)(東信堂、2009年) 
  • 『鬼がゆく 江戸の華神田祭』(福原敏男共編)(平凡社、2009年)

外部リンク[編集]