川添裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川添 裕(かわぞえ ゆう、本名:古谷 祐司1956年1月14日[1] - )は、文化史家・日本文化史家。

現在、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授、都市科学部長。見世物文化研究所代表。専門は落語見世物歌舞伎などの芸能娯楽・大衆文化を中心とする日本文化史、日本心性史、および国際横浜学、接続文化史(日米英および東アジア)。

略歴[編集]

横浜市に生まれる。栄光学園中学校・高等学校を経て、1978年東京外国語大学外国語学部英米語学科卒。大学在学中の1977年に通訳案内士(英語)の免許を取得[2]

1978年平凡社に入社[3]。同社に20年余つとめ、月刊誌『太陽』の編集記者を出発点として、のち数多くの人文書と芸術書を企画編集。百科事典編集部、書籍編集部を経て、ネットメディア開発にも携わる。1998年退社[4]

文筆・研究に転じて、見世物文化研究所代表となり、1999年跡見学園女子大学国文学科兼任講師、2000年から出版学校・日本エディタースクール講師として編集技能、デジタル技能、編集論を教える。2002年伊勢神宮門前の皇学館大学文学部教授。2010年から横浜国立大学教授[5]

「見世物文化」「異国/自国形象」「接続文化史」をキーワードに、文化史・文化交流史の研究と批評に取り組む。また、江戸時代の見世物や芸能に関する浮世絵、一枚摺、古典籍のコレクションでも知られる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『江戸の見世物』(岩波新書, 2000年)
  • 『見世物探偵が行く』(晶文社, 2003年)
  • 『江戸の大衆芸能――歌舞伎・見世物・落語』(青幻舎, 2008年)

編著[編集]

  • 『朝倉無声・見世物研究姉妹篇』(平凡社, 1992年)
  • 『落語の世界』全3巻(延広真治山本進共編, 岩波書店, 2003年)
  • 『見世物はおもしろい』(木下直之橋爪紳也共編, 平凡社, 2003年)
  • 『此花/風俗図説』全3冊(朝倉無声, ゆまに書房, 2007年)

共著[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2003年
  2. ^ 『日本紳士録』第79版、2005年
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 読売人物データベース