重森弘淹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

重森 弘淹(しげもり こうえん、1926年7月27日 - 1992年10月13日)は写真評論家

作庭家重森三玲の二男として京都市に生まれる。名前はドイツの哲学者ヘルマン・コーエンに由来。同志社大学文学部卒業後、1949年「いけばな芸術」の編集長となり、勅使河原宏らとともに、流派を超えた新しいいけばなの方向を模索し始めた。

一方、岡本太郎花田清輝らの結成した「夜の会」、安部公房らによる「記録芸術の会」などに参加し、総合的な芸術への視野に立った活動を始めた。1955年頃から、カメラ雑誌を中心に写真の評論活動を開始し、当時隆盛をきわめていた「リアリズム写真運動」を批判的に継承しつつ、東松照明奈良原一高らによる新しい写真表現の登場を支持し、さらに現代写真の始まりを告げるウィリアム・クライン、ロバート・フランクらの仕事をいち早く紹介、評論するなど、日本の現代写真の動向に大きな影響を与えた。

1958年「東京フォトスクール」を創立、1960年東京綜合写真専門学校と名称を変えて発展させ、自らの写真美学や批評精神を展開しつつ、写真家の育成に情熱を注いだ。

批評家であると同時に教育者である重森弘淹の基本的な思想は、『表現とは、作者の批評行為であり、それなくして表現は存在しない』というものだった。この思想が東京綜合写真専門学校の理念として引き継がれ、多くの先鋭的で個性的な写真家を輩出し続けている。

日本写真批評家協会会員、東京綜合写真専門学校校長、多摩美術大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、日本映像学会常任理事を経て、1992年没。

主要著書[編集]

  • 現代の写真/社会思想社/1962年
  • 写真芸術論/美術出版社/1967年
  • 写真の思想/潮出版/1972年
  • カメラ・アイ 転形期の現代写真/日貿出版社/1974年
  • 現代のいけばな/八坂書房/1980年
  • 世界の写真家/ダヴィッド社/1990年
  • 名作で辿る世界の写真史/編著/毎日新聞社/1993年
  • 『日本写真全集』の編纂も行った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]