坂上弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂上 弘(さかがみ ひろし、1936年2月13日 - )は、日本小説家日本芸術院会員。前日本文藝家協会理事長。

来歴・人物[編集]

東京府東京市赤坂区生まれ。父は三重県四日市市の出身で当時日本銀行に勤務。母は埼玉県入間郡出身。1942年赤坂区立青南国民学校へ入学。1943年父の転勤により熊本市立白川国民学校に編入学。1946年青南小学校に戻る。1948年、父の転勤により、鹿児島市立清水中学校へ入学。父の転勤で再び上京。1950年港区立青山中学校に編入学。1951年東京都立日比谷高等学校へ入学。1954年慶應義塾大学文学部哲学科へ入学。1960年理研光学工業(現・リコー)に入社。

慶大在学中1955年春「三田文学」の編集担当であった山川方夫に小説を書くように勧められ、「息子と恋人」を「三田文学」に発表。同作はこの年上半期芥川賞候補作となった。当時19歳で、いわゆる10代候補の先駆けとされた。1959年に「ある秋の出来事」で中央公論新人賞を受賞(芥川賞候補作)。リコー勤務を続けながら作家活動を行い、サラリーマン作家といわれた。

また1977年後藤明生高井有一古井由吉と共に季刊同人誌「文体」を創刊。「内向の世代」の作家の一人である。

1995年10月リコーを退社、顧問に就任。同月、慶應通信株式会社(現、慶應義塾大学出版会)取締役社長に就任(2007年から会長)。2004年4月紫綬褒章受章。2006年6月日本文藝家協会理事長に就任(2010年6月まで)。2008年12月日本芸術院会員。慶應義塾評議員。2011年日本近代文学館理事長。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『ある秋の出来事』中央公論社 1960 のち文庫
  • 『澄んだ日』河出書房新社 1960
  • 『野菜売りの声』河出書房新社 1970
  • 『早春の記憶』新潮社 1971 のち集英社文庫
  • 『朝の村』冬樹社 1971
  • 『新鋭作家叢書 坂上弘集』河出書房新社 1972
  • 『百日の後』講談社 1972 のち文芸文庫
  • 『枇杷の季節』講談社 1974 のち文庫
  • 『藁のおとし穴』河出書房新社 1974
  • 『結末の美しさ』冬樹社 1974
  • 『優しい人々』河出書房新社 1976 のち講談社文庫
  • 『遅い帰りの道で』旺文社文庫 1978
  • 『遠い国・遠い言葉』小沢書店 1979
  • 『故人』平凡社 1979 のち講談社文芸文庫(山川方夫の死を描いたもの)
  • 『初めの愛』講談社 1980 のち文庫
  • 『遠足の秋』平凡社 1980
  • 『私の旅行鞄から ソヴェト紀行』講談社 1983
  • 『杞憂夢』講談社 1984
  • 『突堤のある風景』福武書店 1989
  • 『優しい碇泊地』福武書店 1991
  • 『田園風景』講談社 1992 のち2008年講談社文芸文庫
  • 『残照の山を降りて』講談社 1995
  • 『台所』新潮社 1997
  • 『啓太の選択』講談社 1998
  • 『近くて遠い旅』中央公論新社 2002
  • 『眠らんかな』講談社 2003

脚注[編集]