海老原喜之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海老原 喜之助(えびはら きのすけ 1904年9月13日1970年9月19日)は、日本の洋画家鹿児島県出身。大正末期から昭和にかけてフランスと日本で活躍。「エビハラ・ブルー」と呼ばれた鮮やかな青の色彩を多用し、をモチーフにした作品を数多く制作した。1970年、パリで客死。今では郷里の鹿児島市立美術館児玉美術館を始め各地の美術館に多数作品が収蔵されている。

略歴[編集]

鹿児島県鹿児島市生まれ。県立志布志中卒業後、上京してアテネ・フランセフランス語を学びながら川端画学校で絵画を学び『自画像』を制作した。1923年(大正12年)に19歳で単身渡仏し、パリで創作活動をしていた藤田嗣治に師事。同地から出品した作品が第10回二科展に初入選し、翌年にはサロン・ドートンヌに初入選を果たす。

1927年(昭和2年)にフランスの画商アンリ・ピエール・ロシェと契約し、『窓(カンヌ)』『姉妹ねむる』『サーカス』を制作。翌年にはニューヨークで初めての個展を開き更にサロン・ド・レスカリエにも招待されるが、この頃からフランドル絵画に影響されて青を基調とした雪景の連作を描きはじめる。ベルギー人のアリス・エロジー・ベッケと結婚し息子二人をもうけるも1933年に離婚し、二児を引き取る[1]1934年(昭和9年)に帰国して日本で初個展を開催し、翌年には独立美術協会会員に迎えられる。同協会の主催する独立展に出品を続ける傍ら戦争画も手がけ、1940年(昭和15年)には日本大学専門部芸術科美術科(現日本大学藝術学部)講師となる。同年再婚し、自由が丘に転居[1]。1943年に日大講師を辞して1945年6月に熊本県水俣市に疎開、そこで終戦を迎えた後、洋画家の宮崎精一を頼り人吉市に移るが暫くは絵筆を折った。

1950年(昭和25年)に第1回南日本文化賞に受賞して後に熊本市へ移転、翌年には海老原美術研究所(エビ研)を創立すると同時に第3回読売アンデパンダン展に『スタート』『殉教者』を出品して画業を再開した。その後は九州を本拠に創作活動を続けるものの、1966年(昭和41年)から断続的に渡仏。1968年(昭和43年)に藤田が死去した際には彼の葬式を取り仕切り、その後はヨーロッパのロマネスク美術を訪ね歩きながら創作活動を継続。『水より上る』を制作し帰国を目前とした1970年(昭和45年)9月19日に、癌のためパリで死去。行年66歳。熊本の小峰墓地にも墓がある。二児はそれぞれ写真家と画廊経営者となり、孫が姫路市で海老原喜之助オフィシャルギャラリーを経営している[2]

作風[編集]

海老原は画家を志したころから晩年まで、藤田嗣治を師と仰いだが、海老原の作品には藤田との直接的な類似点はみられず、むしろアンリ・ルソーなどからの影響が感じられる。

19歳のときパリへ留学したが、そのころから、海老原のトレードマークとなる青を基調とした作品を数多く描いた。この傾向は晩年に至るまで続いたが、戦後に描かれた作品では、パリ時代のものと比べてより原色に近い鮮やかな青を用いている。これは、パリ時代に描かれた雪景の青と、戦後の作品に見られる鮮やかな青を比較してみると判別できる。また、海老原は馬好きとしても知られ、最晩年まで終生馬をモチーフにした作品を描き続けた。

戦後は、1959年の『蝶』などにみられるとおり、多くの色彩をモザイク状に配置するなど、抽象的な画面構成を用いるようになり、晩年には、より単純化された空間構成と色彩の配置による表現を試みている。

受賞歴[編集]

代表的な絵画作品[編集]

画集[編集]

(現在すべて絶版。)

参考文献[編集]

『気まぐれ美術館』 洲之内徹著 新潮社  (1978年

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]