小峰墓地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地図

小峰墓地(おみねぼち)は熊本県熊本市中央区黒髪にある墓地公園である。小峯墓地(こみねぼち)とした表現もみられる[1]熊本城鬼門の丑寅にあたり、草深いところであった。その一角に陸軍墓地があり、西南戦争から日清戦争日露戦争第二次大戦までの13,083柱の戦没者の霊域であったが、1954年に熊本市が整理して、墓地公園とした[2]

忠霊塔その他[編集]

墓地公園にした時に、ここに眠る英霊を弔うために画家海老原喜之助がパリのサロン・ド・メエに出品した油絵「殉教者」を自ら彫刻にして、忠霊塔にはめこんだ。幅23メートル、奥行11メートルの土台に高さ7メートルの忠霊塔が1955年3月に完成した。忠霊塔の文字は寒巌義尹の「大渡橋由来記」からとった。ほかに、満州事変戦没者合祀碑、支那事変大東亜戦争忠魂碑、交通事故者慰霊の塔、五高生碑、海南之変忠霊之碑、原爆犠牲者を弔う碑(原爆50年後の1995年建立)などがある。

熊本市営小峰墓地の基本データ[編集]

  • 霊園区分 - 公営
  • 総面積
  • 宗旨・宗教 - 宗教不問
  • 総区画数
  • 管轄の自治体 - 熊本県熊本市 管理事務所(電話略)健康福祉局 健康政策部 健康福祉政策課
  • 設備・施設

著名人の墓地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 熊本市営 小峯墓地 いいお墓
  2. ^ 高田[1998:1105]

参考文献[編集]

  • 高田泰史「小峰墓地」『平成肥後国誌 上』平成肥後国誌刊行会、1998年、pp1105 - 1127。

参考[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度49分9.2秒 東経130度43分43.4秒 / 北緯32.819222度 東経130.728722度 / 32.819222; 130.728722