行徳健男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
行徳健男

行徳 健男(ぎょうとく たけお、文久2年6月22日[1]1862年7月18日) – 昭和20年(1945年10月18日[2])は、日本の衆議院議員憲政会)。医師

経歴[編集]

肥後国熊本(現在の熊本県熊本市)出身。1886年明治19年)に熊本甲種医学校を卒業後、東京帝国大学医科大学選科ベルリン大学に学んだ[2]。眼科医院を開業し、熊本医学専門学校講師を務めた[1]。さらに熊本市会議員、同参事会員に選出された[1]日露戦争の際には篤志医員として第六師団予備病院に勤務した[1]

1917年(大正6年)、第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、熊本県医師会長、九州医師会長、大日本医師会副会長、熊本市教育会副会長を務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年