前田愛 (文芸評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

前田 愛(まえだ あい、男性、1931年4月20日 - 1987年7月27日)は、国文学者文芸評論家。本名は前田 愛(よしみ)。

来歴・人物[編集]

神奈川県高座郡藤沢町(現藤沢市)生まれ。父は医師前田愛天(38年北大医学博士)で、祖父・愛郷は藤沢の開業医。出生後すぐ、父が三重県山田簡易保険健康相談所に勤務したため宇治山田に移る。5歳で父が北海道帝国大学に勤務のため札幌に移る。7歳で父が旭川の病院に勤務、旭川に移る。8歳で藤沢に戻り、9歳で祖父が死去。1950年神奈川県立湘南高等学校卒業、東京大学文科二類に入るが結核を発病して休学、57年同文学部国文科卒業。52年から駒場の演劇サークル「劇研」に参加し演劇活動に参加。65年東大大学院博士課程単位取得満期退学。60年には結核が再発、肋骨を切る手術を受けた。

1962年横山峰子と結婚、翌年までスタンフォード大学日本学研究センター講師、63年清泉女学院中高等学校日本語教師。66年成蹊大学文学部専任講師。70年立教大学文学部助教授、75年教授。76年「毎日新聞」書評委員。77年「読売新聞」書評委員。78-82年「朝日新聞」書評委員。1977年河合隼雄中村雄二郎山口昌男らと共に研究会「都市の会」に参加。81年シカゴ大学客員教授。

元々の専攻は日本近世文学だが、幕末明治期の文学を扱い、次第に近代日本文学に進出。1976年に『成島柳北』で第8回亀井勝一郎賞受賞。1979年に『樋口一葉の世界』を刊行。小学館で一葉全集編纂に参加。テクスト論記号論など新しく興った文学理論を次々に研究に取り入れていった。都市小説論の集大成として『都市空間のなかの文学』を著した。没後、筑摩書房より『前田愛著作集』が刊行されている。

けん玉が得意であり、学生の前でも披露していた。身長は高く180センチ近くあった。

(『前田愛著作集』第六巻に詳しい年譜がある)

著作[編集]

  • 1972年 『幕末・維新期の文学』 法政大学出版局「叢書・日本文学史研究」、オンデマンド版2011年
  • 1973年 『近代読者の成立』 有精堂/岩波同時代ライブラリー、1993年/岩波現代文庫、2001年
  • 1976年 『成島柳北朝日新聞社「朝日評伝選」/朝日選書、1990年、オンデマンド版2005年
  • 1976年 『鎖国世界の映像』毎日新聞社「江戸シリーズ」
  • 1978年 『幻景の明治』 朝日選書、オンデマンド版2005年/岩波現代文庫、2006年
  • 1978年 『樋口一葉の世界』 平凡社選書/平凡社ライブラリー、1993年
  • 1982年 『都市空間のなかの文学』 筑摩書房/ちくま学芸文庫、1992年
  • 1983年 『近代日本の文学空間 歴史・ことば・状況』 新曜社/平凡社ライブラリー、2004年
  • 1984年 『女たちのロマネスク』 光村図書出版
    • 『近代文学の女たち 『にごりえ』から『武蔵野夫人』まで』 岩波同時代ライブラリー、1995年/岩波現代文庫、2003年
  • 1986年 『幻景の街 名作の舞台を歩く』 小学館/岩波現代文庫、2006年
    • 『文学の街 名作の舞台を歩く』 小学館ライブラリー、1991年
  • 1988年 『文学テクスト入門』 筑摩書房〈ちくまライブラリー〉/ちくま学芸文庫、1993年
  • 1989-1990年 「前田愛著作集」  筑摩書房(全6巻)
  1. 『幕末・維新期の文学』、『成島柳北』
  2. 『近代読者の成立』
  3. 『樋口一葉の世界』
  4. 『幻景の明治』
  5. 『都市空間のなかの文学』、『幻景の街』
  6. 『テクストのユートピア』

共著[編集]

  • 1980年 『明治メディア考』 加藤秀俊 中央公論社/中公文庫 1983年/河出書房新社(新版)、2008年
  • 1984年 『名作のなかの女たち 対談紀行』 瀬戸内晴美 角川書店/岩波現代文庫、2013年
    • 『愛ありて 名作のなかの女たち』 角川文庫、1988年/岩波同時代ライブラリー、1996年
  • 2005年 「前田愛対話集成」 みすず書房(全2巻)。『1 闇なる明治を求めて』全14篇/『2 都市と文学』全12篇 

関連項目[編集]