奈良美智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なら よしとも
奈良 美智
Yoshitomo Nara at a press conference, Yokohama Art Museum, 2012
生誕 (1959-12-05) 1959年12月5日(57歳)
青森県弘前市
国籍 日本の旗 日本
出身校 愛知県立芸術大学大学院
職業 画家彫刻家
受賞 名古屋市芸術奨励賞(1995年)
ニューヨーク国際センター賞(2010)
芸術選奨文部科学大臣賞(2013)[1]

奈良 美智(なら よしとも、1959年12月5日 - )は、日本画家彫刻家。世界的に評価されている美術作家で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど日本の現代美術の第二世代を代表するひとり。 特徴的なこちらを見返す人物をモチーフにしたドローイングアクリル絵具による絵画で知られる[2][3][4]

経歴[編集]

青森県弘前市で出生後、青森県立弘前高等学校卒業まで弘前市で育つ。武蔵野美術大学を1年で中退して、1981年愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻に入学し、1985年に卒業、1987年に同大学大学院修士課程を修了した[5]

河合塾千種校美術研究所教員を経て渡独、1988年ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミー(Kunstakademie Düsseldorf)に入学、A.R.ペンクA. R. Penck)に師事し1993年マイスターシュウラーを取得し、アカデミーを修了した。1994年から2000年まではケルン近郊のアトリエを拠点に作品を制作した。1998年カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて非常勤客員教授村上隆と共に3か月間務める。1995年には名古屋市芸術奨励賞を受賞した[6]

2000年にはドイツでの12年間の生活を終え帰国した。 2001年には日本における大規模な個展「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」を横浜美術館で開始し、広島市現代美術館や吉井酒造煉瓦倉庫(弘前市)など開始国内の5ヶ所の美術館を巡った[7]。 2005年からは土地が安いという理由で東京近郊の田園地帯に移転している[8]2006年度に武蔵野美術大学客員教授を務めた。2010年には米文化に貢献した外国出身者をたたえるニューヨーク国際センター賞を受賞。アジア人としてはヨー・ヨー・マに次ぐ受賞であった。2013年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。 2013年以降は Blum & PoePace Gallery英語版で発表している。

人物[編集]

音楽が好きで[9][10]、作品制作も音楽を流しながら行う[11]少年ナイフbloodthirsty butchersTHE STAR CLUBマシュー・スウィートR.E.M.CDジャケットを手がけており、ニルヴァーナカート・コバーンを模したと思われるキャラクターやthee michelle gun elephantのCDジャケットをパロディー化した作品を描いたりしている。60~70年代の洋楽にも詳しく、マイナーレーベルのSSWやロック、またルーツミュージック(特にトラッドなどの白人ルーツミュージック)にも造詣が深い。手作りの小屋の内側を中学、高校時代に聴いていたレコードジャケットで埋めた作品もある。ミュージシャンとの交流も多くニューヨークでの展覧会オープニングにYO LA TENGOデボラ・ハリーなどが来ている。

一人で作品制作を行ってきた奈良であるが、 「Yoshitomo Nara + graf A to Z」ではクリエイター集団「graf」と共同作業で展示会場作りからの創作活動の旅を行った[12]。台湾、韓国、横浜へと移動したその展覧会の様子は、ドキュメンタリー映画 『NARA:奈良美智との旅の記録』(監督 坂部康二)として2007年に劇場公開され、後にDVDとして発売された。

カレーライスが好物で、2001年に漫画『おごってジャンケン隊』(現代洋子)にゲスト出演した際、当時のアトリエの近所にあるCoCo壱番屋をお薦めの店として挙げている。また、最近では松屋にもよく通っているとTwitterで述べている。

東北地方太平洋沖地震に関する活動の一つとして宮城県で開催されているARABAKI ROCK FEST.に2011年から連続して参加している。

主な展覧会[編集]

その他[編集]

  • 東京南青山にYoshitomo Nara + grafが、A to Z展の宣伝のために内装を手がけたカフェ A to Z cafe があるが、奈良だけはボランティアとして無報酬で内装のデザインに参加した。奈良本人は運営にはまったく関わっておらず、無関係である。
  • 2009年ツール・ド・フランスの第18戦個人タイムトライヤルでランス・アームストロングが使用する自転車のデザインを受け持った。
  • 2009年国内オークション会社高額落札TOP10に2点ランクインされる。3位「ASH NIGHT」2000年制作(落札額5,700万円)、6位「Winter Long」1999年制作(落札額4,025万円)。

トラブル[編集]

主なテレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニュース”. 『ART iT』. 2016年2月26日閲覧。
  2. ^ “大人を射すくめる強眼 奈良美智展によせて”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 4. (1999年12月11日) 
  3. ^ “啓蒙の時代が失った豊かな感情を呼び起こす藪睨みのこどもたち”. アサヒグラフ (朝日新聞社) (2000年5月19日号): 15. (2000-05-19). 
  4. ^ “『内なる女の子』の怒り”. 美術手帖 (美術出版社) (2000年7月号): 50–53. (2000-06-17). 
  5. ^ 奈良美智プロフィール”. 青森県立美術館. 2016年2月26日閲覧。
  6. ^ 名古屋市芸術賞年度別受賞者一覧”. 名古屋市. 2016年2月26日閲覧。
  7. ^ 奈良美智プロフィール”. 青森県立美術館. 2016年2月26日閲覧。
  8. ^ 奈良美智”. 筑摩書房. 2016年2月26日閲覧。
  9. ^ “パンクと思春期”. 美術手帖 (美術出版社) (2000年7月号): 104–106. (2000-06-17). 
  10. ^ “パンクの持つ退廃美に魅かれていたんだ”. ローリングストーン日本版 (インターナショナル・ラグジュアリー・メディア) (2009年7月1日号): 40–41. (2009-06-10). 
  11. ^ “音楽を聴いていると画が描けるんですよ。”. Brutus (マガジンハウス) (2002年7月15日号): 64. (2007-07-01). 
  12. ^ “展覧会を創りつづけること、それが奈良美智とgrafの旅。”. Brutus (マガジンハウス) (2006年8月1日号): 112–117. (2006-07-15). 
  13. ^ “いつわりのない子供の叫び”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 夕刊. (1999年1月21日) 
  14. ^ “子どもの世界 奈良美智展から 制作過程も一つの作品”. 神奈川新聞 (神奈川新聞社). (2001年9月11日) 
  15. ^ “不思議な子供たちの魔力”. 産經新聞 (産經新聞社): pp. 朝刊 14. (2002年1月27日) 
  16. ^ “見る側の気持ち映す少女”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 夕刊 11. (2002年2月21日) 
  17. ^ “心に響く特異な造形”. 北海道新聞 (北海道新聞社): pp. 夕刊. (2002年6月28日) 
  18. ^ “『驚き』の連鎖が生んだアート・プロジェクト『奈良美智展 弘前』を支えた民の力”. 雑誌地域創造 (財団法人地域創造) (2003年第15号): 10-13. (2003). 
  19. ^ “アメリカでも大きな共鳴を呼ぶ 奈良美智の巡回展”. Invitation (フェデリコ書房) (2003年11月号): 135. (2003-11). 
  20. ^ “奈良美智の無限空間 自選の絵画、造形170点”. 福井新聞 (福井新聞社): pp. 朝刊 15. (2004年11月10日) 
  21. ^ “親しみある空間感じて”. 日本海新聞 (新日本海新聞社): pp. 朝刊 8. (2005年3月2日) 
  22. ^ “集大成、レトロな『街』に”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊 27. (2006年8月17日) 
  23. ^ “美術の枠組みからの解放”. 東京新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 20. (2006年8月12日) 
  24. ^ “子ども描写、原点へ 奈良美智展、深み増す”. 朝日新聞 (朝日新聞社): pp. 朝刊. (2012年8月14日) 
  25. ^ 奈良美智 ナイーブワンダーワールド, KTC 中央出版, (2001) 

外部リンク[編集]