表章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

表 章(おもて あきら、1927年4月26日 - 2010年9月7日[1])は、能楽研究者。法政大学名誉教授。能楽史、世阿弥伝書などの研究で著名であった。

略歴[編集]

北海道稚内市出身。1951年、東京文理科大学卒業。法政大学講師、法政大学野上記念能楽研究所所員だった1960年から1963年にかけて横道萬里雄と『日本古典文学大系 謡曲集』を編纂し、能楽関係の資料の収集・保存や研究に努め、教授・研究所所長となり、1998年に定年退職し、名誉教授。

「喜多流の成立と展開」で、1995年に角川源義賞受賞。2010年6月に能楽史の研究で恩賜賞日本学士院賞を受賞した[2]が、9月7日に自宅で亡くなった[1]。喪主となった長男の表きよし(1958年-、国士舘大学教員)も能楽研究者である。

著書[編集]

  • 『鴻山文庫本の研究 謡本の部』わんや書店 1965
  • 『能楽史新考 1』わんや書店 1979
  • 『能楽と奈良』奈良市 1980、※小冊子
  • 『能楽史新考 2』わんや書店 1986
  • 『喜多流の成立と展開』平凡社 1994
  • 『大和猿楽史参究』岩波書店 2005
  • 『観世流史参究』檜書店 2008
  • 『能楽研究講義録 六十年の足跡を顧みつつ』笠間書院 2010-※語り下しの遺著
  • 『昭和の創作「伊賀観世系譜」―梅原猛の挑発に応えて』ぺりかん社 2010- 観阿弥の出身地が伊賀で、楠木正成の甥とした系図が偽系図であることを論証。

校注等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 訃報:表章さん83歳=能楽研究家 - 47ニュース(共同通信社)
  2. ^ 日本学士院